【年末の挨拶をおさえよう】〜”今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします”ってどういう?

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜いよいよ仕事納め!年末のあの挨拶を英語で言えるようになりましょう。

【問題】 
「今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします」はどういう?

“It was a (       ) (       ) (        )  you this year. (      ).”
 (今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします)

 

【問題の答え】 

 

もうすぐ年末年始ですね。みなさんそろそろ仕事納めが近くなってこられたと思います。

日本人は必ず「今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします」と、クライアントや同僚に1年の感謝を伝えますよね。

海外ではこれをどう表現するでしょう?

まずは「今年も大変お世話になりました」ですが、いろんな言い方がありますが、一般的なこれらをまずは覚えていればOKです!

It was a pleasure working with you this year. = 「今年も大変お世話になりました」

その他にも…
◆Thank you (so much) for everything all this year.Thank you (so much) for your support in the past year.

こんな風に言うことができます。
言いやすそうなものを選んで、覚えましょう!

 

次に「来年もどうぞよろしくお願いします」ですが、海外ではそもそも「よろしくお願いします」を直訳できるような英語がありません。私たちが「来年もどうぞよろしくお願いします」と言うのと同じ感覚で使うのがコチラ。問題では、穴埋めにしてしまうとスグにわかってしまうので、すべてをカッコにしました(笑)。

Have a happy New Year. = 「来年もどうぞよろしくお願いします」

その他にも…
◆I hope you'll have me for another year.I look forward to working with you in 2018. 

などとも言えます。
こちらも、言いやすそうなものを選んで、覚えましょう!

両方とも、クライアントにも同僚にも使えます。

 

今年のコラムはこれで最後です!

来年もどうぞよろしくお願いします。皆様、どうか良いお年をお迎えくださいね!

Have a Happy New Year! 

 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

テスト講師3
Teacher Norren(ノーレン)
AI(人工知能)は監査業務をも奪うのか?!:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
カバーレターは本の◯と一緒!?カバーレターの重要な役目とは【スグ使える!英文履歴書の書き方 #12】
【ビジネスですぐ使える!】“英語で面接”なんて無理って思ってない?!――転職面接で効果的なお決まりフレーズ集《後編》
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #1】〜提出が遅れるとき実際は何もやってなくても"手を尽くしたんだけど"とアピールできるテクニック
【アビタス卒業・受講生の皆様に捧ぐ、実務で使えるオススメ4冊!】〜皆さんの市場価値ってこんなに高いってご存知でした?
【恐怖の春?!花粉症の方が外国人と働くなら必ず使うフレーズ】〜仕事のパフォーマンスが上がらない時の口実にもなるかも?!

コメントを残す