長所その② ベタなフレーズ集のベタな表現を使わず言ってみる【スグ使える!英語転職面接フレーズ #7】

Mensetsu7

今回も、“What are your strengths?”(あなたの長所は何ですか?)と聞かれたときの答え方です。

今日のポイントは、ベタな表現ではなく「ネイティブっぽい光った表現を使って」ちょっと他と差をつける、ということ。
長所をどう言ったらいいか正直わからない…という方は、このまま使ってOKです!

【今日のフレーズ!】
“I’m the kind of person who doesn’t give up easily and I can think well on my feet.”
(自分は簡単には諦めないタイプの人間ですし、どんなときも自分で考え動くことができます)

“I’m the kind of person who does~”という言い方は、「自分はこういうタイプの人間です」というときにネイティブが使う便利な表現です。

これを使って、長所をこんな風にアピールするのも好印象でオススメですよ。

“I’m the kind of person who is highly motivated.”

(自分はどんな仕事でも高い意識で、一生懸命ポジティブに働くことができるタイプの人間です)

“I can think well on my feet.”は、「何か予期せぬことなどが起こったときでも、今ここで何をすべきか?を自分で考え、臨機応変動くことができる」というニュアンスを表せます。
これも、ベタなフレーズ集には載っていないちょっと光った表現ですね。

 

《今日のポイント!》
・「こういうタイプの人間です」は “I’m the kind of person who does~”を使う!
“I can think well on my feet.”で判断力と行動力をアピールする!

 

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】「検討します」と”I’ll consider it.”は大違い-まだまだある!日本人がやってしまいがちな間違い10選《後編》
【ビジネスですぐ使える!】外国人と仕事するときの”リスク”を減らせるメールテクニック《前編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】意外と言えない"〜年ぶり"の言い方
【話すために必要な文法はコレだけ #4】主役になれない「副詞」だけど、実は話す上では欠かせない"名脇役"!
【ビジネスですぐ使える!】会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう《前編》
会計士スキル(1) ”売れっ子”会計士の2つの条件とは?! ハードスキルの書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #6】
【ビジネスですぐ使える!】ダラダラした会議は時間の無駄!――会議をうまくリードするキラーフレーズ《後編》
英文履歴書に「趣味、特技」の記載は必要?!記載不要事項をおさえよう【スグ使える!英文履歴書の書き方 #11】

コメントを残す