【ビジネスですぐ使える!】ネイティブっぽく話すキモはイディオムにあった――ビジネスでよく使う”go”を使ったイディオム3選《後編》

2. “go into ___”はどんなときに使う?

◆「その分野のプロとしてキャリアを積み始める」というとき

I’m going to go into accounting.
(私は会計士としてキャリアを積んでいくつもりです)

“go into 分野(finance, law, educationなど)” のように、後ろに「分野」をもってくることで、「その分野のプロになる」という意味を表します。

“go into law” であれば、「弁護士」ですし、”go into finance”であれば「金融アナリスト」などですね。

◆「そのトピックについて話す」というとき

I’d like to go into a little more detail about our new organizational structure.
(我々の新組織体制についてもうちょっと詳しく話したいと思っています)

「話す」という意味ですが、「詳しく説明する」というニュアンスでビジネスシーンでもよく使われます。
”go into that in more detail“go into the details”など、”details”とセットで使われることが多いですね。

 

3. “go over ___”はどんなときに使う?

◆「誰かが計画していることについて話し合う」というとき

Let’s go over what you’re going to show to the public on the day of our event.
(イベントの日に公開しようとしているものについて話しましょう)

◆「誰かがやった仕事(成果物)をレビューする」というとき

Could you go over the calculation sheet I prepared?
(私が作成した計算シートをレビューしていただけますか?)

 

いかがですか?イディオムを使うだけで、ネイティブっぽくこなれて聞こえます。
ぜひ覚えて使ってみましょう!

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】学校では教えてくれない"I know"と"I know of"の違い
今、市場価値の高い”スーパー会計パーソン”とは?!【クイズ!経理あるある英文フレーズ #1】
【ビジネスですぐ使える!】ダラダラした会議は時間の無駄!――会議をうまくリードするキラーフレーズ《前編》
【ビジネスですぐ使える!】受け身な会議はもう卒業!――便利な”仕切りフレーズ”で会議をコントロールしてみよう《後編》
無駄なことはしないで!ビジネス英語習得のための2つの具体策【ビジネス英語は怖くない!#3】
【英語を話す機会がない!とお悩みの方へ1人でできる『◯◯◯練習法』のススメ】〜英会話学校に大金をつぎ込む前にあなたが1人ですべきこと
【“Shaking”ばかり使ってない?!地震で使える3つの「揺れる」をおさえよう】〜ビルがゆ〜らゆ〜ら揺れるはShakingではありません!
【「今売り出し中!」ってどういう?ビジネスでもプライベートでも使えます】〜恋人募集中の人は必見!

コメントを残す