【ビジネスですぐ使える!】ネイティブっぽく話すキモはイディオムにあった――ビジネスでよく使う”go”を使ったイディオム3選《後編》

2. “go into ___”はどんなときに使う?

◆「その分野のプロとしてキャリアを積み始める」というとき

I’m going to go into accounting.
(私は会計士としてキャリアを積んでいくつもりです)

“go into 分野(finance, law, educationなど)” のように、後ろに「分野」をもってくることで、「その分野のプロになる」という意味を表します。

“go into law” であれば、「弁護士」ですし、”go into finance”であれば「金融アナリスト」などですね。

◆「そのトピックについて話す」というとき

I’d like to go into a little more detail about our new organizational structure.
(我々の新組織体制についてもうちょっと詳しく話したいと思っています)

「話す」という意味ですが、「詳しく説明する」というニュアンスでビジネスシーンでもよく使われます。
”go into that in more detail“go into the details”など、”details”とセットで使われることが多いですね。

 

3. “go over ___”はどんなときに使う?

◆「誰かが計画していることについて話し合う」というとき

Let’s go over what you’re going to show to the public on the day of our event.
(イベントの日に公開しようとしているものについて話しましょう)

◆「誰かがやった仕事(成果物)をレビューする」というとき

Could you go over the calculation sheet I prepared?
(私が作成した計算シートをレビューしていただけますか?)

 

いかがですか?イディオムを使うだけで、ネイティブっぽくこなれて聞こえます。
ぜひ覚えて使ってみましょう!

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】「エールを送るよ」のつもりで"I yell at you!"って言ったら相手にドン引きされる理由
希望職種(1) 記帳業務に応募するなら絶対アピールすべき”ethic”って?【スグ使える!英文履歴書の書き方 #2】
【ビジネスですぐ使える!】外国人と仕事するときの”リスク”を減らせるメールテクニック《後編》
転職理由はとことんポジティブに! 【スグ使える!英語転職面接フレーズ #5】
無駄なことはしないで!ビジネス英語習得のための2つの具体策【ビジネス英語は怖くない!#3】
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #12】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #10】”すみません、(電波が悪くて)声がよく聞こえません”をネイティブっぽく言ってみよう
【年末の挨拶をおさえよう】〜"今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします"ってどういう?

コメントを残す