【知ってたらまるでネイティブ?!】お言葉に甘えてお先に失礼しますってどういう?

 

《問題》「お言葉に甘えて今日はお先に失礼させていただきますね。また明日」

“If you (     ), I’m (     ) for today. See you tomorrow.”

「お言葉に甘えて何かさせていただきますね」ということはよくあると思いますが、英語でどういうか案外わからないですよね?

そこで、今日の言えそうで言えないフレーズは、コレ!

◆「お言葉に甘えて」は、こう言います。

“If you insist,〜” (お言葉に甘えて)

”If you insist,〜”を直訳すると「あなたが強く主張されるなら」ですので、自分は遠慮して断っているけれど何度も勧めてくれる、という場合に使います。

◆ 「今日はお先に失礼させていただきます」は、こう言います。

“I’m leaving for today.”(今日はお先に失礼させていただきます)

「お先に」の部分はどこ?と思われたかもしれないのですが、海外では「お先に失礼します」という帰り方はそもそもしません!日本の美徳なのかもしれませんね。

“I’m going home now.”(今日はもう帰ります)だともうちょっとカジュアルです。

よって、正解は…

“If you insist, I’m leaving for today. See you tomorrow.”
(お言葉に甘えて今日はお先に失礼させていただきますね。また明日)

《今日のポイント!》
“If you insist,〜”
「お言葉に甘えて」
“I’m leaving for today.” 
「今日はお先に失礼させていただきます」

 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

 

今、あなたにおすすめ

相手の間違いは"s"から始まるアノ単語でオトナに指摘する【クイズ!経理あるある英文フレーズ #2】
【ビジネスですぐ使える!】会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう《前編》
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブがほんとに使う「電話表現」を覚えよう——正しいのはどっち?《前編》
”これから会計業界で生き残れなくなる会計士”とは?!:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
【知ってたらまるでネイティブ?!】今悩みがあってめっちゃ凹んでるってどういう?
ビジネス英語を話すための『日常英会話』“即効”習得法【ビジネス英語は怖くない!#5】
【Notを”ノッツ”と発音している方必見!劇的に英語っぽく聞こえるコツ】〜少しでも早く自分の英語を録音して"現実"を知ってほしい!
【意外と言えない「ナナメ」「ヨコ」表現】〜オフィスでも日常でもよく使いますよね?

コメントを残す