学歴や資格は正しい情報をきっちり書いて正々堂々立ち向かおう!【スグ使える!英文履歴書の書き方 #10】

Rirekisho10

いよいよ今回は、5項目のうち最後の「Educational Proficiency(学歴や資格)」です。
さすがにアピールのために学歴を詐称してはダメですので、いくつかのルールを守って事実をきっちりと書いていきます。転職で重視されるのは学歴よりも「仕事の技術と経験と職業倫理」です。
アピールすべき項目でしっかりアピールし、正々堂々立ち向かいましょう!

【(5) Educational Proficiencyの書き方】
Educational Proficiency(太字14pt, Arial)

Education:
Mar 2013: Bachelor’s Degree in Accounting,  ABC University,  Tokyo
(2013年3月:会計学士号、ABC大学、東京)

Skills:
Certified USCPA, April 2014(USCPA資格)
2nd Class Certificate in Nissho Bookkeeping, May 2011(日商簿記2級)
TOEIC score of 795, Nov 2010(TOEICスコア)
Computer Proficiency: MS Word, Excel, PowerPoint(コンピュータースキル)
(11pt, Arial)

◆学歴は、大卒であれば高校以下の学歴は記載しませんただし、修士(Master)、博士(Doctor)号を取得している方は、博士→修士→学士の順にすべて書きましょう。
記載項目は、「卒業年度、取得学位、学校名、所在地(都市名)」です。
在位期間は書かなくて構いません。

◆資格は「取得年月」を忘れないように書きましょう!

《今日のポイント!》
・学歴は、「卒業年度、取得学位、学校名、所在地(都市名)」を!
・資格は「取得年月」の記載を忘れずに!

(ライター:保呂田友里

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】外国人の謙遜の仕方
経理人が知っておくべき、ネイティブ的うまい”お尻ペンペン”の仕方とは?!【クイズ!経理あるある英文フレーズ #4】
BECのWC対策にも!?IFRSって何?を英語で書いてみよう【クイズ!経理あるある英文フレーズ #5】
職歴(2)“迫力ある会計士”オーラをにじませるのがキモ! 前職「会計士」の場合の職歴の書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #9】
【知ってたらまるでネイティブ?!】あのふたりなんか怪しい、付き合ってるのかな?ってどういう!?
【ビジネスですぐ使える!】”I could do”と ”I was able to do”はどう違う?–ネイティブの助動詞の使い方《前編》
『ビジネス英語』に関する本やネット記事の落とし穴【ビジネス英語は怖くない!#4】
【英文法はアノ名門大学の無料サイトで学習すべし!】〜単語学習とは違って文法学習は英語でやったら効果的ってご存知でしたか?

コメントを残す