学歴や資格は正しい情報をきっちり書いて正々堂々立ち向かおう!【スグ使える!英文履歴書の書き方 #10】

Rirekisho10

いよいよ今回は、5項目のうち最後の「Educational Proficiency(学歴や資格)」です。
さすがにアピールのために学歴を詐称してはダメですので、いくつかのルールを守って事実をきっちりと書いていきます。転職で重視されるのは学歴よりも「仕事の技術と経験と職業倫理」です。
アピールすべき項目でしっかりアピールし、正々堂々立ち向かいましょう!

【(5) Educational Proficiencyの書き方】
Educational Proficiency(太字14pt, Arial)

Education:
Mar 2013: Bachelor’s Degree in Accounting,  ABC University,  Tokyo
(2013年3月:会計学士号、ABC大学、東京)

Skills:
Certified USCPA, April 2014(USCPA資格)
2nd Class Certificate in Nissho Bookkeeping, May 2011(日商簿記2級)
TOEIC score of 795, Nov 2010(TOEICスコア)
Computer Proficiency: MS Word, Excel, PowerPoint(コンピュータースキル)
(11pt, Arial)

◆学歴は、大卒であれば高校以下の学歴は記載しませんただし、修士(Master)、博士(Doctor)号を取得している方は、博士→修士→学士の順にすべて書きましょう。
記載項目は、「卒業年度、取得学位、学校名、所在地(都市名)」です。
在位期間は書かなくて構いません。

◆資格は「取得年月」を忘れないように書きましょう!

《今日のポイント!》
・学歴は、「卒業年度、取得学位、学校名、所在地(都市名)」を!
・資格は「取得年月」の記載を忘れずに!

(ライター:保呂田友里

今、あなたにおすすめ

【話すために必要な文法はコレだけ #1】すべての英文はこの5つに当てはまる!
【知ってたらまるでネイティブ?!】”〜が傾いてるよ”ってどういう?!
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブ的「自然」で「丁寧」な表現5選——正しいのはどっち?《後編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】"のどがイガイガしても〜いや!"ってどういう?
続・東芝問題:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
【ビジネスですぐ使える!】正しいようで実はイマイチな表現5選——正しいのはどっち?《後編》
海外メディアが見る日本企業の不正会計に”共通する原因”とは?!:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #2】〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です

コメントを残す