【ビジネスですぐ使える!】「検討します」と”I’ll consider it.”は大違い-まだまだある!日本人がやってしまいがちな間違い10選《後編》

Business4

6.「よく〜します」は ”I often〜” ではない

「私はしょっちゅうあのクライアントと会います。」というとき、
✖️ “I often see that client.” と言っていませんか?
実はこの“often”、否定文か疑問文にしか使えません。

「私はしょっちゅうあのクライアントと会います。」はこう言います。
Usually, I see that client.”

“often” の位置は「文末」と覚えておけばOKです。こんなかんじ!
“I don’t see that client often.”「あのクライアントにはあまり会いません。」
“Do you see that client often?”「あのクライアントにはよく会いますか?」

 

7.”invaluable”、“indifferent”は「valuable」「different」の反意語ではない

否定の接頭辞 ” in- ”がついて、”direct”(直接的な)が “indirect”(間接的な)に、”correct”(正しい)が ”incorrect”(間違った)と反意語になるのと同じように、
✖️ “invaluable” =「価値がない」、”indifferent” = 「違わない」と思っていませんか?

“invaluable”「非常に価値がある、かけがえのない」
“indifferent”「無関心」という意味です。

これらは、TOEICなどのテストでも狙われやすい単語なのでぜひ覚えましょう!

 

8.「明日(仕事を)休みます」は“I’ll take a rest.”ではない

「明日(仕事を)休みます」というとき、
✖️ “I’ll take a rest tomorrow.”と言っていませんか?
“rest”は「体を休める、休養する」という意味で、仕事を休むときには使いません。

「明日(仕事を)休みます」と言いたいときは、こう言います。
“I’m off tomorrow.” (be動詞 + off )

“I take a day off tomorrow.”でもOK。

「take + 期間 + off」でその期間休むことをいうこともできます。

“I’ll take two weeks off.”「2週間休みます」

 

9.「5人のスタッフ」は”Five staffs” ではない

「5人のスタッフが来ます」というとき、
✖️ ”Five staffs are coming.”と言っていませんか?
“staff ” は集合名詞といって、その組織で働いている全員をまとめていう言葉なので、個々のスタッフを表すことはできません。

「5人のスタッフが来ます」はこう言います。
five staff members are coming.”five members of the staff are coming.”


「彼はスタッフです」というときも、”He is a staff.”ではなく、

“He is a member of the staff.””He is a staff memberといいます。

 

10. 日本語の「検討します」と”I’ll consider it.”は意味合いが違う

その場ではっきり断らず「検討します」ということばをもって“暗に断る”つもりで、
✖️  ”I’ll consider it.”と言っていませんか?
“consider”という単語には、「ちゃんと検討して回答する」という意味があるので、日本のビジネスシーンで婉曲的に断るときによく使う「検討します」のつもりでは使えません!

グローバルな会議の場などでは、可能性がないときは”decline”使い、はっきりと断ります。
“I must decline your proposal.”

 

いかがでしたか?
こういうちょっとした正しいニュアンスをゲットして、よりスマートなビジネスマンになっちゃいましょう!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】たとえ相手が社長でも“ナメられない”メールテクニック《前編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】電波が悪いだけなのに一歩間違うと恋人との別れ話になってしまうキケンな一言
転職理由はとことんポジティブに! 【スグ使える!英語転職面接フレーズ #5】
BECのWC対策にも!? 減損って何?を英語で書いてみよう【クイズ!経理あるある英文フレーズ #10】
【知ってたらまるでネイティブ?!】"あー足がしびれた”ってどういう?
職歴(2)“迫力ある会計士”オーラをにじませるのがキモ! 前職「会計士」の場合の職歴の書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #9】
【明日からスグ使える!オフィス英語】〜"両面印刷したい"ってどういう?
【Notを”ノッツ”と発音している方必見!劇的に英語っぽく聞こえるコツ】〜少しでも早く自分の英語を録音して"現実"を知ってほしい!

コメントを残す