【知ってたらまるでネイティブ?!】彼女が常に束縛してくるんだ。ホントに独占欲強くてさ!ってどういう?

《問題》「勘弁してくれよ!彼女が常に束縛してくるんだ。ホントに独占欲強くてさ」

“Come on!!! My girl friend (        ) me (        ) all the time! She’s so (        ).”

“恋は盲目”と言いますが、好きすぎて相手を束縛してしまっている方も少なくないのではないかと思います。

そこで、今日の言えそうで言えないフレーズは、コレ!

◆「もー勘弁してよ!」は、こう言います。

“Come on!!” (勘弁してくれよ!)

束縛などにうんざりした、とか呆れたときなど幅広く使えます。

◆ 「束縛する」は、こう言います。

“tie (人) down”(〜を束縛する)
“I’m tied down with (人)”(〜に束縛される)

受動態でも使えます。また”down”は”I’m feeling down.”(=凹んでる)など、ネガティブなことを表すときに使うことが多いですね。

◆ 「独占欲が強い」は、こう言います。

“(人) is possessive!”(〜は独占欲が強くてさ)

よって、正解は…

“Come on!!! My girl friend ties me down all the time! She’s so possessive.”
(勘弁してくれよ!彼女が常に束縛してくるんだ。ホントに独占欲強くてさ)

《今日のポイント!》
"Come on!!”
「勘弁してくれよ!」
“tie (人) down” 
「〜を束縛する」
“(人) is possessive!” 
「〜は独占欲が強くてさ」

 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】「ヤバい、提出が遅れそう」そんなとき、あなたの遅れを”つい許してしまう”メールテクニック
【ビジネスですぐ使える!】「検討します」と”I’ll consider it.”は大違い-まだまだある!日本人がやってしまいがちな間違い10選《後編》
「昔と今のギャップを話す」というテクニック【スグ使える!英語転職面接フレーズ #3】
【ビジネスですぐ使える!】身近な単語の意外な落とし穴 ——正しいのはどっち?《前編》
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブ的「自然」で「丁寧」な表現5選——正しいのはどっち?《後編》
【話すために必要な文法はコレだけ #6】仮定法を難しく考えている方必見!仮定法でおさえるべき3つのポイント
【ビジネスですぐ使える!】”I have to do”と”I must do”はどう違う?――助動詞のニュアンスの違いをうまく使いこなそう!《前編》
【ビジネスですぐ使える!】ダラダラした会議は時間の無駄!――会議をうまくリードするキラーフレーズ《前編》

コメントを残す