「最初に焦って話しすぎない」が成功のカギ【スグ使える!英語転職面接フレーズ #4】

Mensetsu5
“Tell me a bit about yourself.”(あなたのことを簡単に教えていただけますか?)と聞かれたら
「直近の仕事」を話すのでしたね。「アピールしなきゃ」という気持ちが先走るかもしれませんが、最初の緊張した状態で話しまくるのは危険です。
それに、ここで焦って
全部話してしまうとネタ切れしてしまいます。あなたの長所や展望はこの先の質問で聞かれるので大丈夫、まずはいったんこの言葉でしめましょう!

【今日のフレーズ!】
“I’m confident that my experience in both sales and accounting contributes to the further success of this company.”
(私のセールスとアカウンティングでの両方の経験が、御社のさらなる成功に貢献できる自信があります)

◆面接では、”I think…” よりも “I’m confident that…”(~という自信がある) を使って、「ただ思っている」のではなく「ちゃんと根拠をもって自信がある」ことを示しましょう。

◆“experience in (分野)” で「~での経験」です。
分野の前につける前置詞は ”in” であることをおさえましょう!

◆「御社に貢献する」の言い方は、”contribute to” の他にも、”have a positive effect on”(プラスの効果がある)を使って、こんな言い方もできます。
 “My experience in both sales and accounting has a positive effect on the further success of this company.”

《今日のポイント!》
・”I think” よりも“I’m confident that…” (~という自信がある)”を使う!
・「御社に貢献する」は”contribute to” ”have a positive effect on”を使う!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

「英語の話せない日本人」が明治時代から見落とし続けてきた”盲点”とは?
【ビジネスですぐ使える!】たとえ相手が社長でも“ナメられない”メールテクニック《前編》
【ビジネスですぐ使える!】会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう《前編》
【ビジネスですぐ使える!】受け身な会議はもう卒業!――便利な”仕切りフレーズ”で会議をコントロールしてみよう《後編》
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #9】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #10】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【知ってたらまるでネイティブ?!】”ずっとトム・クルーズに憧れてたんだよね、ホンモノを見られて超嬉しい!”ってどういう?
【意外と言えない「ナナメ」「ヨコ」表現】〜オフィスでも日常でもよく使いますよね?

コメントを残す