【ビジネスですぐ使える!】正しいようで実はイマイチな表現5選——正しいのはどっち?《後編》

Business24

3.「会社では、何人かでマーケティングプロジェクトに取り組んでいます」

A. I’m working on a marketing project with a few other people at work.
B. I’m working on a marketing project with a few other people at my company.

「会社で、職場で」というとき、Aの ”at work” は「(通常起こり得る範囲内の)職場での出来事」を伝えるときに使います。プロジェクトの他にも、職場で「ミーティングに参加する」、「同僚と議論する」などはすべて ”at work” で表現します。

一方で、Bの ”at my company” は、「会社の組織レベルで起こること」を伝えるときに使います。たとえば、こんな使い方ですね。

”The managerial people at my company often change these days.”
(会社の経営陣がこのところしょっちゅう変わります)
よって「プロジェクトに取り組むこと」に対しては Aの ”at work” を使うのが自然です。

 

正解はA!

 

4.「頭痛がするので、病院に行こうと思います」

A. I think I’m going to go to a hospital as I have a headache.
B. I think I’m going to go to a doctor as I have a headache.

仕事中に頭痛がするので上司に伝えて病院に行きたい—-「病院に行く」というとき、日本語の感覚だとAの ”I go to a hospital” と言いたくなりますが、これは「入院して手術しないといけないような重い病気」のときに使います。
風邪や頭痛など「比較的軽い病気」で病院に行くときは、Bの ”go to a doctor”を使うのが自然です。

ここで、“Could I〜?”(〜してもよろしいですか?)ではなく、”I think I’m going to”としているのは、ネイティブの感覚では「病院に行ってもよろしいですか?」と上司にお伺いをたてるのは、子供が親に許可を求めるような幼稚なニュアンスに映ることがあるため。ちゃんと手元の仕事を処理していて、病院に行っても他の人に迷惑はかけない、と自信があるなら、 ”I think I’m going to go” で自分の予定を自信をもって示せばいいんですね。

 

正解はB!

5.「チームの新メンバーが、ちゃんと仕事をやり遂げる人だと信じています」

A. I trust a new member of my team.
B. I believe in a new member of my team.

「誰かを信じる」というとき、”I trust 人” と ”I believe in 人” のどちらかが思い浮かびますよね。実は、この2つにもニュアンスの違いがあります。
Aの “I trust” は、「人間的に悪いことや裏切るようなことはしないと信じている」というニュアンス。一方でBの “I believe in” は「何かをちゃんとやり遂げてくれると信じている」というニュアンスがあります。
人をどのように信じているか?によって、使い分けてみましょう。

 

正解はB!

いかがでしたか?
ビジネスシーンだからこそ、ちゃんと正しい表現を使いたいですよね。
ネイティブが自然に使い分けているちょっとしたニュアンスの違いや表現をひとつひとつ覚えていくのが、ビジネス英会話上達の近道です!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

長所を語るときは「知性をチラ見せ」する!【スグ使える!英語転職面接フレーズ #6】
【知ってたらまるでネイティブ?!】"鼻水とくしゃみが止まらない"ってどういう?
『ビジネス英語』に関する本やネット記事の落とし穴【ビジネス英語は怖くない!#4】
これまで英会話をやってみたけど結果が出なかったという方へ【ビジネス英語は怖くない!#8】
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #8】 〜意外と知らない”間違い電話”をしてしまったときのとっさのひと言
【知らなきゃ損!な電話表現】〜自分宛の電話をとったとき、「はい、私です」はどういう?
【年末の挨拶をおさえよう】〜"今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします"ってどういう?
【意外と言えない「ナナメ」「ヨコ」表現】〜オフィスでも日常でもよく使いますよね?

コメントを残す