【もうすぐGW!”5月病”は日本固有の病気ってご存知でした?】〜みなさんにとってGWは「頑張るウィーク」かもしれませんね

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜ゴールデンウィークのあとは”5月病”に要注意!

【問題】 
「5月病だよ…なんていうか、ゴールデンウィークの後ってどうも気分がアガらなくて」ってどういう?

“I have(   )(   )…. you know I feel kind of (   ) after Golden week holidays.”

 

【問題の答え】 

あっという間に4月も中旬、もう少しでゴールデンウィークですね。日々ガシガシと勉強や仕事に邁進されているみなさんは、ゴールデンウィークこそ「巻き返すぞ!」とガッツリお勉強される予定だったりするのかと思うのですが、そんなみなさんこそゴールデンウィーク後はちょっとした”息切れ”・・・いわゆる「5月病」に注意が必要かもしれませんね。

個人的にはあまり自覚したことはなかったですが、「ゴールデンウィークにやろうと思っていたことがほとんど終わってない!」とモヤモヤ・イライラしながら停滞していたこともあったなと思うと、あれが5月病だったのかな?とか今振り返って思ったりします。

そこで、今日は「5月病」の表現をみていきましょう!

I have May blues. = 「5月病なんだ」

マリッジブルーとかマタニティブルーとかの「ブルー」ですね。“May sickness”とか“May disease”と言うこともできます。

ただし、日本の文化を知らない外国人には“May blues”と言っても通じないことが多いので、ちょっとした説明を加えたほうが無難です。

例えば・・・

I feel kind of down after Golden week holidays.. = 「ゴールデンウィークの後ってどうも気分がアガらない

もっと説明するなら、

"People tend to get depressed after Golden week holidays in Japan. We call it May blues and it’s a Japanese version of January blues." 
= 「日本ではゴールデンウィークの後に鬱っぽくなる人が多いんだよね。”5月病”って呼んでるんだけど、”1月病”の日本版って感じかな」

 

よって正解はコレ!
“I have May blues…. you know I feel kind of down after Golden week holidays.”

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

相手の間違いは"s"から始まるアノ単語でオトナに指摘する【クイズ!経理あるある英文フレーズ #2】
記帳者スキル(1) 成功のコツは相手を魅惑すること?!ハードスキルの書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #4】
【知ってたらまるでネイティブ?!】犬派、猫派ってどういう?!
英文履歴書に「趣味、特技」の記載は必要?!記載不要事項をおさえよう【スグ使える!英文履歴書の書き方 #11】
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #1】〜提出が遅れるとき実際は何もやってなくても"手を尽くしたんだけど"とアピールできるテクニック
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #6】 〜ゆりやんレトリィバァのアメリカ人のモノマネから学ぶ会話のうまい切り上げ方
【恐怖の春?!花粉症の方が外国人と働くなら必ず使うフレーズ】〜仕事のパフォーマンスが上がらない時の口実にもなるかも?!
【英語を話す機会がない!とお悩みの方へ1人でできる『◯◯◯練習法』のススメ】〜英会話学校に大金をつぎ込む前にあなたが1人ですべきこと

コメントを残す