【もうすぐGW!”5月病”は日本固有の病気ってご存知でした?】〜みなさんにとってGWは「頑張るウィーク」かもしれませんね

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜ゴールデンウィークのあとは”5月病”に要注意!

【問題】 
「5月病だよ…なんていうか、ゴールデンウィークの後ってどうも気分がアガらなくて」ってどういう?

“I have(   )(   )…. you know I feel kind of (   ) after Golden week holidays.”

 

【問題の答え】 

あっという間に4月も中旬、もう少しでゴールデンウィークですね。日々ガシガシと勉強や仕事に邁進されているみなさんは、ゴールデンウィークこそ「巻き返すぞ!」とガッツリお勉強される予定だったりするのかと思うのですが、そんなみなさんこそゴールデンウィーク後はちょっとした”息切れ”・・・いわゆる「5月病」に注意が必要かもしれませんね。

個人的にはあまり自覚したことはなかったですが、「ゴールデンウィークにやろうと思っていたことがほとんど終わってない!」とモヤモヤ・イライラしながら停滞していたこともあったなと思うと、あれが5月病だったのかな?とか今振り返って思ったりします。

そこで、今日は「5月病」の表現をみていきましょう!

I have May blues. = 「5月病なんだ」

マリッジブルーとかマタニティブルーとかの「ブルー」ですね。“May sickness”とか“May disease”と言うこともできます。

ただし、日本の文化を知らない外国人には“May blues”と言っても通じないことが多いので、ちょっとした説明を加えたほうが無難です。

例えば・・・

I feel kind of down after Golden week holidays.. = 「ゴールデンウィークの後ってどうも気分がアガらない

もっと説明するなら、

"People tend to get depressed after Golden week holidays in Japan. We call it May blues and it’s a Japanese version of January blues." 
= 「日本ではゴールデンウィークの後に鬱っぽくなる人が多いんだよね。”5月病”って呼んでるんだけど、”1月病”の日本版って感じかな」

 

よって正解はコレ!
“I have May blues…. you know I feel kind of down after Golden week holidays.”

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】上司のお願いに”All right !”って答えてない?-日本人がやってしまいがちな間違い12選《後編》
【ビジネスですぐ使える!】たとえ相手が社長でも“ナメられない”メールテクニック《後編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】プレゼントを渡すとき”たいしたものじゃないけど"ってどういう?!
【知ってたらまるでネイティブ?!】髪伸ばしてイメチェンしたいんだってどういう?!
【ビジネスですぐ使える!】受け身な会議はもう卒業!――便利な”仕切りフレーズ”で会議をコントロールしてみよう《前編》
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #2】〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【オフィスで同僚や部下を褒めてみる】〜"君、行動力あるね〜!"ってどういう?
【恐怖の春?!花粉症の方が外国人と働くなら必ず使うフレーズ】〜仕事のパフォーマンスが上がらない時の口実にもなるかも?!

コメントを残す