【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #7】 〜「何度か顔は見たことがあったけど、ちゃんと挨拶をしたことがなかったな…」という時の声のかけ方

 

 

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜英語学習は終わらぬ旅。いざ必要になってから始めるのではなく、”今”始めませんか?

【問題です】

カッコには何が入るでしょう? 
「何度か顔は見たことがあったけど、ちゃんと挨拶をしたことがなかったな…」とか、「この人とは挨拶してない気がするけど、もししてたら失礼だからどう声をかけたら良いかわからない」っていうシチュエーションってありますよね。そんな時はこんな風に声をかけるのがベストです!

“Probably we’ve not been (    ) (    ). My name is ◯◯.”
(たぶん、ちゃんとご挨拶させていただいてなかったですね。◯◯です)

 

【問題の答え】 

同じ業界にいてなんとなく顔の認識はあるものの、ちゃんと挨拶をし合ったことはなかったなぁ、とか繋がっておきたいのだけど今さら何て言って声かければいいかわからないなぁってことありますよね。

今日はそんなときに便利なフレーズです。

◆「ちゃんとご挨拶していない」はこういいます。

Probably we’ve not been properly introduced

「お互いを自己紹介し合ってない=ご挨拶していないという発想ですね。

もしかしたら挨拶したことを自分が忘れているだけかもしれない時のため“Probably”をつけておけば安心です。

 

◆名前を名乗る時はビジネスでは”My name is…”がベター

“I’m …” ではなく“My name is …” を使っているのは、実はビジネスシーンではそのほうがプロフェッショナルな響きになるからです。

”My name is …” は不自然でネイティブの間でも使われないので”I’m …”を使いましょう、といろんなところに書いてありますが、ネイティブは“My name is ….”を日常の中でも普通に使います。 特にビジネスシーンでは不自然などころか、「場をわきまえたプロフェッショナル」であることをアピールできるんですよ!

もちろん”I’m…”でも自然なので、ビジネス色の弱いカジュアルなパーティの場合は “I’m …”で挨拶するなど使い分けても良いですね。

 

よって正解はコレ!
“Probably we’ve not been properly introduced. My name is ◯◯.”

 

 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】電波が悪いだけなのに一歩間違うと恋人との別れ話になってしまうキケンな一言
【話すために必要な文法はコレだけ #5】「動詞」でマスターすべき6つのポイント《後編》
BECのWC対策にも!? 減価償却って何?を英語で書いてみよう【クイズ!経理あるある英文フレーズ #9】
短所その2「英語が得意じゃない」って言っても大丈夫?!【スグ使える!英語転職面接フレーズ #9】
【知ってたらまるでネイティブ?!】彼女が常に束縛してくるんだ。ホントに独占欲強くてさ!ってどういう?
【オフィスで同僚や部下を褒めてみる】〜"君、行動力あるね〜!"ってどういう?
【Notを”ノッツ”と発音している方必見!劇的に英語っぽく聞こえるコツ】〜少しでも早く自分の英語を録音して"現実"を知ってほしい!
【いやらしくない相手の連絡先の聞き出し方】〜"Can I have your phone number?"とか"Can you tell me your number?&...

コメントを残す