「近い将来何をしたいか?」の最も好印象な答え方【スグ使える!英語転職面接フレーズ #10】

Mensetsu10
今回は、“Where do you see yourself in ○ years?”(近い将来何をやりたいか)と聞かれたとき答え方です。

ここは“謙虚”であろう、と「将来は普通でいいです」なんて言うのはNG!
ポイントは、「責任ある仕事(又はポジション)を任されたい」という野望を“謙虚に”伝えることです。

【今日のフレーズ!】
“Ideally, I'd like to be responsible for supervising an accounting team."
(理想を言うなら、ゆくゆくは会計チームを監督する立場でいたいです)

“Ideally” (理想的を言うなら)を頭につけることで、「こうは言いつつ、実際はそう簡単には叶わないでしょうけど」という、謙虚なニュアンスを表せます。

◆一方、“I’d like to be responsible for doing” で、「何か責任のあることをしたい」という野望をもっていることをアピールします。これを ”Ideally” と一緒に使えば、「謙虚でありながらも、責任のある仕事をさせてもらいたい」という強い意志をバランス良くアピールすることができるんですね

《今日のポイント!》
“Ideally”から始めて謙虚さをアピール!しつつ、
“I’d like to be responsible for doing”「何か責任のあることをしたい」という野望をアピール

 

(ライター:保呂田友里

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】上司のお願いに”All right !”って答えてない?-日本人がやってしまいがちな間違い12選《前編》
【ビジネスですぐ使える!】外国人と仕事するときの”リスク”を減らせるメールテクニック《後編》
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブがほんとに使う表現を覚えよう——正しいのはどっち?《後編》
会計士スキル(2)「成果主義」の外資系企業がつい食いついてしまうソフトスキルの書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #7】
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #9】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #10】”すみません、(電波が悪くて)声がよく聞こえません”をネイティブっぽく言ってみよう
【オフィスに必ず1人はいる”媚びてる人”の英語表現】〜ちょっと下品だけどオフィスで普通に使える表現です
【“Shaking”ばかり使ってない?!地震で使える3つの「揺れる」をおさえよう】〜ビルがゆ〜らゆ〜ら揺れるはShakingではありません!

コメントを残す