【知ってたらまるでネイティブ?!】”ずっとトム・クルーズに憧れてたんだよね、ホンモノを見られて超嬉しい!”ってどういう?

 

[出典:natalie]

《問題》「長いことトム・クルーズに憧れてたんだよね、ホンモノを見られて超嬉しい!」

“I’ve (      ) Tom Cruise for a long time…. I’m so happy to see the (       ) (       )!”

有名人やスポーツ選手など、誰かに憧れたことって皆さん一度はありますよね。そんな憧れの人の”ホンモノ”に会えたときには感動もひとしおです。

そこで、今日の言えそうで言えないフレーズは、コレ!

◆「〜に憧れる」は、こう言います。

I admire(人)” (〜に憧れる)
I’ve admired(人)” (ずっと憧れてた)

「憧れる」は”long for”や”yearn”や”look up to”と辞書などに載っていることが多いですが、「有名人に憧れる」という日本語のニュアンスには”admire”がベストです。
その人を崇拝してやまない、という場合は”adore”なども使えます。

◆ 「ホンモノ(本物)、本人」は、こう言います。

“the real McCoy” (ホンモノ、本人)

よって、正解は…

“I’ve admired Tom Cruise for a long time…. I’m so happy to see the real McCoy!”
(長いことトム・クルーズに憧れてたんだよね、本物を見られて超嬉しい!)

《今日のポイント!》
“I admire(人)”
「〜に憧れる」
“I’ve admired(人)” 
「ずっと憧れてた」
“the real McCoy” 
「ホンモノ(本物)、本人」

 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

 

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】身近な単語の意外な落とし穴 ——正しいのはどっち?《前編》
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブ的「自然」で「丁寧」な表現5選——正しいのはどっち?《後編》
【話すために必要な文法はコレだけ #6】仮定法を難しく考えている方必見!仮定法でおさえるべき3つのポイント
会計士スキル(2)「成果主義」の外資系企業がつい食いついてしまうソフトスキルの書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #7】
【ビジネスですぐ使える!】正しいようで実はイマイチな表現5選——正しいのはどっち?《前編》
職歴(2)“迫力ある会計士”オーラをにじませるのがキモ! 前職「会計士」の場合の職歴の書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #9】
“ぐちゃぐちゃ英語なんてイヤだ”という方へ「正しい英語」の身につけ方【ビジネス英語は怖くない!#6】
【仕事が途中でも予定があれば明日に回していいんです!】〜"今日中に手をつけられそうにありません。明日の朝、続きをやりますね"はどういう?

コメントを残す