英文履歴書に「趣味、特技」の記載は必要?!記載不要事項をおさえよう【スグ使える!英文履歴書の書き方 #11】

 

前回までで、英文履歴書に記載すべき5項目は全てお話ししました。

いかがでしたか?外資系企業への転職も、少し現実的なものとして見えてきたでしょうか?
「自分には関係ない」と決めつけず、今のうちに”自分だけの英文履歴書”を作成しておくことは、あなたの未来の可能性を大きく広げるものと思っています!

今回は「履歴書に書く必要がない事項」についてお話ししておきます。

【記載不要事項】
・個人情報(生年月日、年齢、性別、配偶者有無、家族構成、健康状態など)
 ※アメリカ系企業以外の場合は、生年月日、国籍、
 配偶者有無について記載する場合もあります。
・顔写真
・前職給与
・転職理由
・趣味、特技

転職理由や前職給与は、インタビューの中で聞かれれば答えましょう。
前職給与については、次給与の参考にされますので慎重に!また転職理由の上手な答え方については、前シリーズ『転職面接で使える英語フレーズ#5』で書いていますのでご参照ください!

《今日のポイント!》
・「記載不要事項」は日本の履歴書と違うのでしっかりおさえる!

 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

「昔と今のギャップを話す」というテクニック【スグ使える!英語転職面接フレーズ #3】
【知ってたらまるでネイティブ?!】”〜が傾いてるよ”ってどういう?!
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブ的「自然」で「丁寧」な表現5選——正しいのはどっち?《後編》
短所と言いつつ「しっかりアピール」するテクニック【スグ使える!英語転職面接フレーズ #8】
【ビジネスですぐ使える!】”I could do”と ”I was able to do”はどう違う?–ネイティブの助動詞の使い方《後編》
【仕事が途中でもうまく切り上げて帰ろう】〜"今日はこの辺で切り上げるよ。お疲れ様"ってどういう?
【もうすぐGW!”5月病”は日本固有の病気ってご存知でした?】〜みなさんにとってGWは「頑張るウィーク」かもしれませんね
【“Shaking”ばかり使ってない?!地震で使える3つの「揺れる」をおさえよう】〜ビルがゆ〜らゆ〜ら揺れるはShakingではありません!

コメントを残す