これまで英会話をやってみたけど結果が出なかったという方へ【ビジネス英語は怖くない!#8】

実は私自身、オンライン英会話で結果が出せなかった苦い経験をしています。
もし皆さんが英会話を半年以上続けているのに英語を話せるようになっている実感をお持ちでないなら、今からお話しする方法をぜひ試していただきたいと思います。

オンライン英会話で伸び悩んでいた私が英会話力を上げるきっかけとなったのは「英語で“書いて”話しまくったこと」です。

日頃、皆さんもLINEやメールなどを使って文字でやりとりしますよね
まさにあれが英会話力を伸ばす上で超効果的なんです。

相手の言っていることが目に見えるから表現を覚えられるし、書くコミュニケーションは“ごまかし”がきかないので最後まで自分で英文を組み立てる必要があります。
それを繰り返しているうちに、英語の「脳内回路(英語脳)」が出来上がっていくんですね。

「話すだけ」の英会話で結果を実感できていない方は、ぜひ並行して「英語を”書いて”話す」という訓練を取り入れてみてください。「現状を変えたいなら今と違うやり方をする」のが結果を出す秘訣と私は思っています。

さて、いよいよ今回で『ビジネス英語は怖くない!』シリーズも最終回を迎えました。
マネージャーMの“ぐちゃぐちゃEnglish”はいかがでしたでしょうか?

ビジネスで必要なのは“完璧な英語”ではなく“使える英語”でしかない
ということを感じていただけたのではないかと思います。

最後に、前回の“ぐちゃぐちゃEnglish”の正解です。
× “ Yuri, thank you so much for taking your time.”
◯ “ Yuri, thank you so much for your time.” (ゆり、お時間ありがとう)

“take your time”は、「ごゆっくり」というときに使うフレーズなので、「ゆっくりしていただいてありがとう」というトンチンカンな意味になってしまいますよ!

Have fun!

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】ネイティブがほんとに使う表現を覚えよう——正しいのはどっち?《前編》
【ビジネスですぐ使える!】”I have to do”と”I must do”はどう違う?――助動詞のニュアンスの違いをうまく使いこなそう!《前編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】犬派、猫派ってどういう?!
職歴(2)“迫力ある会計士”オーラをにじませるのがキモ! 前職「会計士」の場合の職歴の書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #9】
【ビジネスですぐ使える!】目上の人に使うとトンデモなく失礼な表現5選——正しいのはどっち?《前編》
【ビジネスですぐ使える!】受け身な会議はもう卒業!――便利な”仕切りフレーズ”で会議をコントロールしてみよう《前編》
【ビジネスですぐ使える!】“英語で面接”なんて無理って思ってない?!――転職面接で効果的なお決まりフレーズ集《後編》
ビジネス英語の動詞は難しく考えずこの5つを使いこなそう!【ビジネス英語は怖くない!#7】

コメントを残す