【知らなきゃ損!な電話表現】〜自分宛の電話をとったとき、「はい、私です」はどういう?

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜よくある場面なのに案外知らないこんな電話対応フレーズです

【問題】 
自分宛の電話をとったとき、「はい、私です」はどういう?

“Can I speak with Ms.◯◯?”
 (◯◯さんはいらっしゃいますか?)

“(   ), this is (   ).”
 (はい、私です)

 

【問題の答え】 

海外の番号から電話がかかってきて「やばい!」とついつい居留守を使ってしまったこと(苦笑)、ありませんか?

こんなとき、サラっと対応できたらカッコイイですよね。
実は電話は、ある程度決まったフレーズを覚えておけばだいたい対応できちゃうことも多いんです!

そこで今日は、自分宛ての電話をとったときの「はい、私です」の言い方です。
ビジネスだけではなくプライベートなシーンでも使える便利な表現なので必ず押さえましょう!

 

<自分宛ての電話をとったとき>

◆"Yes, this is she/he.”= はい、私でございます

 

 

変わった言い方ですよね!

覚えておくと絶対に役立つ日がきますよ!

 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】夏に向けてダイエット宣言したいなら知っておきたいフレーズ
転職理由はとことんポジティブに! 【スグ使える!英語転職面接フレーズ #5】
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブ的「自然」で「丁寧」な表現5選——正しいのはどっち?《後編》
【ビジネスですぐ使える!】”I have to do”と”I must do”はどう違う?――助動詞のニュアンスの違いをうまく使いこなそう!《後編》
【ビジネスですぐ使える!】学校では教えてくれないけどネイティブが実際に使う表現5選——正しいのはどっち?《前編》
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #5】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【非帰国子女でも英語で仕事はできる!#1】ネイティブ風に聞こえる便利な”こなれニュアンス”とは!?《後編》
「英語が社内公用語」を豪語する企業の驚くべき実態?!【もし明日から社内公用語が英語になったら#1】

コメントを残す