【知らなきゃ損!な電話表現】〜自分宛の電話をとったとき、「はい、私です」はどういう?

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜よくある場面なのに案外知らないこんな電話対応フレーズです

【問題】 
自分宛の電話をとったとき、「はい、私です」はどういう?

“Can I speak with Ms.◯◯?”
 (◯◯さんはいらっしゃいますか?)

“(   ), this is (   ).”
 (はい、私です)

 

【問題の答え】 

海外の番号から電話がかかってきて「やばい!」とついつい居留守を使ってしまったこと(苦笑)、ありませんか?

こんなとき、サラっと対応できたらカッコイイですよね。
実は電話は、ある程度決まったフレーズを覚えておけばだいたい対応できちゃうことも多いんです!

そこで今日は、自分宛ての電話をとったときの「はい、私です」の言い方です。
ビジネスだけではなくプライベートなシーンでも使える便利な表現なので必ず押さえましょう!

 

<自分宛ての電話をとったとき>

◆"Yes, this is she/he.”= はい、私でございます

 

 

変わった言い方ですよね!

覚えておくと絶対に役立つ日がきますよ!

 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】上司のお願いに”All right !”って答えてない?-日本人がやってしまいがちな間違い12選《後編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】電波が悪いだけなのに一歩間違うと恋人との別れ話になってしまうキケンな一言
【知ってたらまるでネイティブ?!】”〜が傾いてるよ”ってどういう?!
BECのWC対策にも!? 減価償却って何?を英語で書いてみよう【クイズ!経理あるある英文フレーズ #9】
【知ってたらまるでネイティブ?!】"あー足がしびれた”ってどういう?
東芝問題:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #3】〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
“ぐちゃぐちゃ英語なんてイヤだ”という方へ「正しい英語」の身につけ方【ビジネス英語は怖くない!#6】

コメントを残す