“ぐちゃぐちゃEnglish”でもペラペラに聞こえる秘密?!【ビジネス英語は怖くない!#1】

Guchagucha1
こんにちは!突然ですが皆さん、ビジネスシーンでは『ビジネス英語』だけを話すと思っていませんか?
そして『ビジネス英語』は『日常英会話』よりも難しいと決めつけていませんか??
もしそうなら……その考えはマルっと捨てましょう。

まず、実際のビジネスシーンでは『ビジネス英語』だけを話すわけではありません。
そして、『日常英会話』はビジネス英語と比べてぜんぜん簡単ではありません!

フィリピン・日本間でビジネスをしている私は、毎日フィリピン人マネージャーMとビジネストークをします。
でも正直、その半分以上はビジネスをとりまく”雑談(日常英会話)”かもしれません。

今日は頭痛がひどいよ、こんなヘンな営業がきたよ、コピー機が壊れたよ……とかそんな話。時には未来を熱く語り合ったりもします。私のビジネスの中では日常英会話も立派なビジネス英語であって、そこに明確な境界線はないんですよね。

どんなビジネスでも程度の差はあれ、必ずビジネス英語と日常英会話がミックスされています。
ビジネスだからって、いつも会議やプレゼンだけをしているわけじゃないですよね?!

そこで今回から、マネージャーMが素で発する”ぐちゃぐちゃEnglish”をサンプルに取り上げ、皆さんのビジネス英語に対する固定概念をドンドン崩していきたいと思います。

例えばこれ、正しい英語にできますか?次回までの宿題ですよ!

“I’m planning to buy a bigger ceiling fan in next time not that expensive Yuri because our room is not that wide to minimize for the electric for us to save also.”

なんてったって彼女はこれを自信満々に話します。
私はそんな彼女から「”ぐちゃぐちゃEnglish”でも堂々とペラペラ~っとつなげて話せばそれなりに立派に聞こえるもんだということを学びました(笑)。

・・・英会話をマスターするにはそれくらいの気持ちが本当に大事です。
実際、まずはソコを目指して欲しいと思います。

Have fun!

(ライター:保呂田友里

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】外国人と仕事するときの”リスク”を減らせるメールテクニック《後編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】女性必見!"目がむくんじゃって"ってどういう?!
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブがほんとに使う表現を覚えよう——正しいのはどっち?《後編》
会計士スキル(2)「成果主義」の外資系企業がつい食いついてしまうソフトスキルの書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #7】
職歴(2)“迫力ある会計士”オーラをにじませるのがキモ! 前職「会計士」の場合の職歴の書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #9】
【知ってたらまるでネイティブ?!】髪伸ばしてイメチェンしたいんだってどういう?!
【ビジネスですぐ使える!】目上の人に使うとトンデモなく失礼な表現5選——正しいのはどっち?《前編》
【ビジネスですぐ使える!】“Sales are soft.” は売上が「良い?」それとも「悪い?」――売上報告ですぐ使えるフレーズ集《前編》

コメントを残す