職歴(2)“迫力ある会計士”オーラをにじませるのがキモ! 前職「会計士」の場合の職歴の書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #9】

Rirekisho9

今回も、5つの項目のうちの4つ目「Professional Experience(職歴)」の書き方です。
Responsibilities (どんな責任を負って)、Achievements (どんな成果を出してきたか) の2つの視点はもうOKですね!

今回は前職が「会計士」の場合です。
ご自身に合わせ少し変えればそのまま使えます!

【(4) Professional Experienceの書き方:前職「会計士」の場合】
Professional Experience (太字14pt, Arial)
Accountant, ABC Co.,Ltd   Tokyo, Japan  April 2013 - present

Responsibilities:
・Prepared and analyzed all accounting records for various clients in accordance with USGAAP.
様々なクライアントへのUSGAAPに準じた全会計記録の準備、分析)

Achievements:
・Thoroughly reviewed and analyzed financial statements to resolve any discrepancies.
財務諸表の徹底的なレビューと分析により各種差異を解決させた)
・Streamlined accounting processes by analyzing department work and use of resources.
部門の業務とリソースの活用状況の分析により会計プロセスを合理化した)

 (11pt, Arial、箇条書き)

 

◆“Achievements”では、徹底的な仕事をする”迫力ある会計士”たるオーラをにじませていきましょう。“thoroughly”でそれを表せます。ちなみに、“thorough”は「徹底的な、完全な」という意味で、競走馬でよく使う「サラブレッド」の “サラ”=“thorough”ってご存知でしたか?

◆「合理的、論理的思考」も会計士に強く求められる要素です。足元の業務を完璧にこなすだけではなく、プロジェクト全体の効率性を見極め、“streamline accounting processes”(会計プロセスを合理化)できれば市場価値もグッと上がります!

《今日のポイント!》
“thoroughly”で「迫力ある会計士オーラ」をにじませる!
“streamline accounting processes”で「合理的、論理的思考」をアピール!

(ライター;保呂田友里)

 

今、あなたにおすすめ

今、市場価値の高い”スーパー会計パーソン”とは?!【クイズ!経理あるある英文フレーズ #1】
【ビジネスですぐ使える!】外国人と仕事するときの”リスク”を減らせるメールテクニック《後編》
【ビジネスですぐ使える!】相手が気分を害す何気ないひとことに気をつけよう——正しいのはどっち?《前編》
【ビジネスですぐ使える!】会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう《前編》
BECのWC対策にも!? 減損って何?を英語で書いてみよう【クイズ!経理あるある英文フレーズ #10】
長所その② ベタなフレーズ集のベタな表現を使わず言ってみる【スグ使える!英語転職面接フレーズ #7】
ビジネス英語を話すための『日常英会話』“即効”習得法【ビジネス英語は怖くない!#5】
【時間がない人にオススメの英語学習法】〜ゴロンとして◯◯するだけ!

コメントを残す