「昔と今のギャップを話す」というテクニック【スグ使える!英語転職面接フレーズ #3】

Mensetsu3

“Tell me a bit about yourself.”(あなたのことを簡単に教えていただけますか?)
と聞かれたら「直近の仕事」を話すのでしたね。
ここで、ちょっとでも面接官の記憶に残すためにはどうしたら良いでしょう

答えは、「今と昔のギャップをちょっと話す」ということ。
「やっていることがコロコロ変わっている人」という印象を与えないよう、
“ちょっと”というのがポイントです!

【今日のフレーズ!】
“Actually, I was originally hired as a sales person, but I wound up in accounting after passing the USCPA exam.”
(実は、もともとは営業マンでしたが、USCPA試験合格後に、アカウンティング業務を担当することになったのです)

◆肩書きは “I was hired as(肩書き)” で伝えましょう。
 “I was hired as an account manager”(経理部長でした)、
 “I was hired as an administrative assistant”(秘書でした)など。

ちなみに、秘書は ”secretary” と習ったと思いますが、
最近ではそれが性別差別という声もあり、“administrative assistant” を使った方が思慮深さをアピールできます。

“originally“(もともとは)を使うことで、
   昔と今のコントラストをつけることができます。

◆昔と今のギャップを”ちょっと”話すのに、途中経過は不要です。
「紆余曲折ありましたが、最終的に今は~をしています」と、途中経過を飛ばし、経歴を簡潔に伝えるのに便利なのが、“I wound up in (分野)” (I wind upの過去形)です。
 “I wound up in marketing”“I wound up in sales” など。分野の前につける前置詞は ”in” であることをおさえましょう!

《今日のポイント!》
・「肩書き」は “I was hired as(肩書き)”を使う!
・「昔と今のギャップを話す」には “originally“ もともとは)と “I wound up in (分野)” (最終的には~をやっています)を使う!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

「ネイティブレベルの完璧な履歴書」が”残念”な理由?!【スグ使える!英文履歴書の書き方 #1】
”敏腕経理人”がみんな使っている、ジェントルなのにグサっと”刺さる”指摘の仕方【クイズ!経理あるある英文フレーズ #3】
【知ってたらまるでネイティブ?!】電波が悪いだけなのに一歩間違うと恋人との別れ話になってしまうキケンな一言
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブっぽく話すキモはイディオムにあった――ビジネスでよく使う”go”を使ったイディオム3選《後編》
【オフィスで同僚や部下を褒めてみる】〜"君、行動力あるね〜!"ってどういう?
【仕事が途中でもうまく切り上げて帰ろう】〜"今日はこの辺で切り上げるよ。お疲れ様"ってどういう?
【最も"旬でリアルな"英語を1人で学べるツールとは?】〜「アホやな〜」と笑えればリスニング力は上々!
【英文法はアノ名門大学の無料サイトで学習すべし!】〜単語学習とは違って文法学習は英語でやったら効果的ってご存知でしたか?

コメントを残す