【ビジネスですぐ使える!】“Sales are soft.” は売上が「良い?」それとも「悪い?」――売上報告ですぐ使えるフレーズ集《前編》

「売上」は企業にとって重要な経営指標なので、社内のプレゼンや会議で、「売上」について報告したり議論する機会は多いと思います。今回は、そんなときに便利なフレーズです!

1. 「売上が上がったとき」に使えるフレーズ

◆「売上が昨年比○%増」といいたいとき

“We are 10% up over last year.”
(売上が昨年を10%上回っています)

「売上が上がる」は、”increase”や“rise”でも表現できますが、”We’re up.”というと、ネイティブっぽい表現に聞こえます。
「売上が○%アップした」は、”We’re ○% up.”で表しましょう。


◆「売上が好調」といいたいとき

“Sales this month are strong.”
(今月は売上が好調です)

Salesは”strong”や”weak”と組み合わせて、「売上が好調」「売上が不調」ということもできます。”good” を使って、”Sales are pretty good.”でもOKです。


◆「売上が順調に伸びてきている」といいたいとき

“Our sales have been steadily increasing for the last three years.”
(売上はこの3年間堅調に伸びています)

“steadily increasing”は「毎年上がったり下がったりすることなく、毎年同じ程度ずつ売上が上がり続けている」ときに使います。


◆「売上は上がっているけど、利益率は下がっている」といいたいとき

“Sales are up, but profit margin is shrinking.”
(売上はアップしたものの、利益率は縮小しつつあります)

“Sales are up.”も「売上が上がる」という表現です。
“Profit margin”(利益率)は「売上(sales)に対する利益(profit)の割合」なので、この例文は、「売上は増えているものの、(そこから差引くコスト等が増えることで)利益率は下がっている」状態ですね。
“shrinking”は、「(売上などの)数字が縮小状態にあるとき」に使います。


◆「収益が高い」といいたいとき

“Revenues are pretty good this year.”
(今年は収益がとても高いです)

“revenue“(収益)と”sales”(売上)とはちょっと違います。
”sales”は「モノやサービスを売って会社に入ってくるお金」で、”revenue”は、「salesだけではなく受取利息(interest income)なども含めて、会社に入ってくるお金すべて」のことをいいます。

(ライター:保呂田友里

go_ftl

 

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】「エールを送るよ」のつもりで"I yell at you!"って言ったら相手にドン引きされる理由
【ビジネスですぐ使える!】外国人と仕事するときの”リスク”を減らせるメールテクニック《前編》
会計士スキル(1) ”売れっ子”会計士の2つの条件とは?! ハードスキルの書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #6】
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブがほんとに使う「電話表現」を覚えよう——正しいのはどっち?《前編》
「近い将来何をしたいか?」の最も好印象な答え方【スグ使える!英語転職面接フレーズ #10】
【非帰国子女でも英語で仕事はできる!#1】ネイティブ風に聞こえる便利な"こなれニュアンス"とは!?《前編》
【仕事が途中でも予定があれば明日に回していいんです!】〜"今日中に手をつけられそうにありません。明日の朝、続きをやりますね"はどういう?
【サルでもわかる文法講座〜実はビジネスでこんなに使う仮定法!】〜学校では習わない"本当によく使う”仮定法を伝授します

コメントを残す