【単語学習には英英辞書を使うべき、という風潮は正しいか?!】〜第2言語で英語を学んできた者としての正直な見解です

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜英英辞書は使うべき?!英英辞書の説明は理解しにくい、という方に朗報かもしれません!

 

皆さんは英英辞書を使ったことはありますか?

英語力をあげるために「英英辞書を使うべき」とよく言われます。英語の意味を日本語で調べるから英語ができるようにならないんだ!という主張です。そんな風に言われたら、「英英辞書使った方がいいのかな・・・」と思ってしまいますよね?

確かに、英英辞書で単語を調べているとなんとなく上級者のような気分になって気持ちよかったりします(笑)。

私自身も、オックスフォード英英辞書やケンブリッジ英英辞書など、ネットで無料で使えるものを日頃よく使うことは使います(私はオックスフォード派です)。

ただ!私が英英辞書を使うのは「知っている単語を英英辞書でどう説明しているか?」を見たいときだけ、なんです。新しい単語を調べる時に英英辞書は使いません!

なぜなら・・・

<理由1>英英辞書で意味を"なんとなく理解"した単語はなかなか覚えられない!=>一度は日本語でしっかり意味を理解した方が記憶に残りやすい!

<理由2>調べた単語の説明文の中にも知らない単語があるので、それを調べながら理解していたら時間がかかって仕方ない=>正直、非効率です!(特に初〜中級の方)

 

 

ということで、新しい単語、知らない単語を調べるとき”は英英辞書の使用はオススメしません!なんの引け目なくアルク英辞郎やWeblioなどの英和辞書を使ってガシガシと単語を調べ、覚えていきましょうその方がよっぽど効率的で効果的です!

これが私自身の経験から見出した答えです。英英辞書は、上級者になってから使い始めても遅くありません!

単語の勉強以外であれば「英語を英語で理解する」経験は多ければ多いに越したことはありません。その場合、ある意味プライドは捨て、知らない単語が1パラグラフに1〜2個あるかないかくらいの、自分のレベルにあったものを読んだ方が経験上効果的だと思います。

新しい単語や文法を覚えていくにつれて英語力も上がってくるので、それにあわせて読む英語のレベルも上げていくようにしていきましょう!

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】プレゼントを渡すとき”たいしたものじゃないけど"ってどういう?!
【ビジネスですぐ使える!】”I have to do”と”I must do”はどう違う?――助動詞のニュアンスの違いをうまく使いこなそう!《後編》
海外メディアが見る日本企業の不正会計に”共通する原因”とは?!:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
【ビジネスですぐ使える!】受け身な会議はもう卒業!――便利な”仕切りフレーズ”で会議をコントロールしてみよう《前編》
【ビジネスですぐ使える!】”I could do”と ”I was able to do”はどう違う?–ネイティブの助動詞の使い方《後編》
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブっぽく話すキモはイディオムにあった――ビジネスでよく使う”go”を使ったイディオム3選《前編》
「英語が社内公用語」を豪語する企業の驚くべき実態?!【もし明日から社内公用語が英語になったら#1】
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #10】”すみません、(電波が悪くて)声がよく聞こえません”をネイティブっぽく言ってみよう

コメントを残す