【単語学習には英英辞書を使うべき、という風潮は正しいか?!】〜第2言語で英語を学んできた者としての正直な見解です

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜英英辞書は使うべき?!英英辞書の説明は理解しにくい、という方に朗報かもしれません!

 

皆さんは英英辞書を使ったことはありますか?

英語力をあげるために「英英辞書を使うべき」とよく言われます。英語の意味を日本語で調べるから英語ができるようにならないんだ!という主張です。そんな風に言われたら、「英英辞書使った方がいいのかな・・・」と思ってしまいますよね?

確かに、英英辞書で単語を調べているとなんとなく上級者のような気分になって気持ちよかったりします(笑)。

私自身も、オックスフォード英英辞書やケンブリッジ英英辞書など、ネットで無料で使えるものを日頃よく使うことは使います(私はオックスフォード派です)。

ただ!私が英英辞書を使うのは「知っている単語を英英辞書でどう説明しているか?」を見たいときだけ、なんです。新しい単語を調べる時に英英辞書は使いません!

なぜなら・・・

<理由1>英英辞書で意味を"なんとなく理解"した単語はなかなか覚えられない!=>一度は日本語でしっかり意味を理解した方が記憶に残りやすい!

<理由2>調べた単語の説明文の中にも知らない単語があるので、それを調べながら理解していたら時間がかかって仕方ない=>正直、非効率です!(特に初〜中級の方)

 

 

ということで、新しい単語、知らない単語を調べるとき”は英英辞書の使用はオススメしません!なんの引け目なくアルク英辞郎やWeblioなどの英和辞書を使ってガシガシと単語を調べ、覚えていきましょうその方がよっぽど効率的で効果的です!

これが私自身の経験から見出した答えです。英英辞書は、上級者になってから使い始めても遅くありません!

単語の勉強以外であれば「英語を英語で理解する」経験は多ければ多いに越したことはありません。その場合、ある意味プライドは捨て、知らない単語が1パラグラフに1〜2個あるかないかくらいの、自分のレベルにあったものを読んだ方が経験上効果的だと思います。

新しい単語や文法を覚えていくにつれて英語力も上がってくるので、それにあわせて読む英語のレベルも上げていくようにしていきましょう!

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】たとえ相手が社長でも“ナメられない”メールテクニック《後編》
【話すために必要な文法はコレだけ #5】「動詞」でマスターすべき6つのポイント《前編》
長所その② ベタなフレーズ集のベタな表現を使わず言ってみる【スグ使える!英語転職面接フレーズ #7】
【ビジネスですぐ使える!】”I have to do”と”I must do”はどう違う?――助動詞のニュアンスの違いをうまく使いこなそう!《後編》
「いつから働ける?」に対し「すぐにでも!」と答えるのは 正解?不正解?【スグ使える!英語転職面接フレーズ #12】
【ビジネスですぐ使える!】“Sales are soft.” は売上が「良い?」それとも「悪い?」――売上報告ですぐ使えるフレーズ集《前編》
無駄なことはしないで!ビジネス英語習得のための2つの具体策【ビジネス英語は怖くない!#3】
【年末の挨拶をおさえよう】〜"今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします"ってどういう?

コメントを残す