【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #2】〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です

Abituscarano2

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です

【問題です】

(     ) に入るのはどっちでしょう?

Mr. Abitus went to the place (        ) he hadn’t visited.

A. which
B. where

【問題の答え】 

今日は多くの方が苦手意識を持っている「関係代名詞」(which) と「関係副詞」(where) の使い分けです。

先行詞(今の場合”the place”)が「場所」のときは自動的に”where”を選んでしまう方が多いのですが、その判断基準は違いますので要注意!

 

じゃあどうやって見分けるのか?

「関係詞の後ろ(今の場合、カッコの後ろ)の文が完全かどうか」で見分けます!

◼︎(     )の後ろが不完全文  = 「関係代名詞(which)」
◼︎(     )の後ろが完全文= 「関係副詞(where)」

うーん、これまたどういうことかな?と思われた方。「完全」「不完全」とはこういうことです。

完全= S V(1文型)〜S V O C(5文型)のどれかがちゃんと完成されていること。
不完全= S V(1文型)〜S V O C(5文型)の文が完成されていないこと。

例えば、I’m a teacher. という2文型の英文の“a teacher”が欠けていたとしたら、それは「不完全な文」といいます。
一方 I’m a teacher at school.“at school”(副詞)が欠けても不完全とは言いません。これは「完全な文」です。副詞はSVOCのどれにも該当しないからです!

 

では今回の問題を見てみましょう!

Mr. Abitus went to the place (        ) he hadn’t visited. 
(Mr.Abitusはそれまで行った事がなかった場所に行った)

カッコの後ろ “he hadn’t visited.”は完全でしょうか?不完全でしょうか?
“visit”は「〜(場所)に行く」という場合他動詞なのでvisitの後ろに「目的語(O)」が本来必要なのですが、ここでは”visited”で文が終わっています。本来あるはずの「目的語(O)」がない=不完全な文ということです!

つまり、カッコの後ろは不完全な文」がきているのでカッコには「関係代名詞」(which)が入る、というのが正解です!

 

正解はA!


いかがでしたか?

多くの方が間違いがちなこの論点、今日おさえてしまいましょう!

《オマケ》

ちなにに・・・もう一つ理解の仕方があります。

★関係代名詞
=2つの文があって、その2つの文の中に重複することば(名詞)がある場合、その重複することばの片方を関係代名詞にし、2つの文をつなげる役目をするもの。

《関係代名詞の考え方》

下記①②の2つの文があり、An appleが重複しています。

① I like an apple.(私はりんごが好きです)
② An apple is red.(りんごは赤いです)

重複しているan appleを関係代名詞which(またはthat)に置き換えます。

① I like an apple.
 which is red.

2つの文をつなげて関係詞節が完成!
I like an apple which is red.(私は赤いりんごが好きです。)

一方、
★関係副詞
=2つの文の中に重複する言葉があって、2つ目の文の中でその言葉が副詞の役目(または副詞句の一部になっている)場合、それを関係副詞に置き換えつつ、2つの文をつなぐ役目をするもの。

《関係副詞の考え方》

2つの文で”the town”が重複しており、②の中で “in the town”と「副詞句」の一部になっていますね。

① Asakusa is the town.
② I was born in the town.

“in the town” を where(関係副詞)に置き換える。

Asakusa is the town where  I was born.

つまり、

関係詞で置き換える言葉が、
◼︎代名詞の場合=「関係代名詞」(which)
◼︎副詞(副詞句)の場合=「関係副詞」(where)    ということです!

 

今の場合、

Mr. Abitus went to the place (        ) he hadn’t visited. 
(Mr.Abitusはそれまで行った事がなかった場所に行った)

①Mr. Abitus went to the place.
②He hadn’t visited the place

重複しているのは”the place”。②の中で”the place”は副詞ではなく名詞(visitの目的語)の役割をしているので関係代名詞whichで置き換えます!

①Mr. Abitus went to the place.
②He hadn’t visited which. 

2文をつなぎます。
Mr. Abitus went to the place which he hadn’t visited. 

(ライター:保呂田友里

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】”I have to do”と”I must do”はどう違う?――助動詞のニュアンスの違いをうまく使いこなそう!《前編》
AI(人工知能)は監査業務をも奪うのか?!:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
企業のマネジメントはなぜ監査人の意見を無視するのか!?:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
【ビジネスですぐ使える!】目上の人に使うとトンデモなく失礼な表現5選——正しいのはどっち?《後編》
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #1】〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #2】〜 "自分の非”をシレッと煙にまくテクニック
【日本のTOEIC(R)テストの世界ランクは伸びているのか?!】〜スコアと英語ペラペラの相関分析を添えて
【いやらしくない相手の連絡先の聞き出し方】〜"Can I have your phone number?"とか"Can you tell me your number?&...

コメントを残す