『ビジネス英語』に関する本やネット記事の落とし穴【ビジネス英語は怖くない!#4】

 

ビジネス英語に関する本やネット記事には、これでもか!というほどに色々な表現や言い回しが紹介されていますよね。

例えば、「~していただけますか?」一つにしても、
“Could you~?”や “Would you~?”よりも丁寧な表現として “I was wondering if you could~?” が紹介されていたり、“Could you~?”と”Would you~?”にも微妙なニュアンスの違いがあるので臨機応変使い分けよう!と書かれていたり……

「一体どれだけの表現を覚えて使い分けないといけないんだろう」
と気が遠くなりませんか?

……と、そんなことを書いているとなんだか耳が痛くなってきました。

私自身がそんな細かい表現やニュアンスの違いをコラムなどで書いている
張本人だからです(苦笑)。

そんな私がこんなことを言うと矛盾していると言われてしまいそうなのですが、
これまで色んなビジネス英語表現を見てきて、また実際のビジネス現場で英語を使っているからこそたどり着いた結論があります。

それは、必要以上に細かい使い分けは不要!ということ。

「~していただけますか?」は“Could you~?”と “Would you~?”が使えれば十分なんです。
色んなパターンを覚える暇があれば『日常英会話』の表現を一つでも多く知り、まずはぐちゃぐちゃでもいいからドンドンと英語を発してみる時間充ててほしいと思います。

さて今回もマネージャーMの“ぐちゃぐちゃEnglish”で締めくくりますね。

× 
“Yesterday I rode taxi from here to my place and I dropped out staffs 
nearby to their house.”

正しい英語はわかりましたか?正解はコチラ! drop outだと“脱落”になっちゃいます(笑)。

◯ 
“Yesterday I took a taxi from here to my place and I dropped off 
the staff members near their houses.”
(昨日ここから自宅までタクシーに乗ったんだけど、スタッフ達も乗せて家の近くで降ろしてあげたわ)

Have fun!

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】学校では教えてくれない、相手が「うざっ!」と思ったときの決めゼリフ
【ビジネスですぐ使える!】外国人と仕事するときの”リスク”を減らせるメールテクニック《後編》
【話すために必要な文法はコレだけ #5】「動詞」でマスターすべき6つのポイント《後編》
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #1】〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【知ってたらまるでネイティブ?!】今悩みがあってめっちゃ凹んでるってどういう?
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #8】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【年末の挨拶をおさえよう】〜"今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします"ってどういう?
【英語を話す機会がない!とお悩みの方へ1人でできる『◯◯◯練習法』のススメ】〜英会話学校に大金をつぎ込む前にあなたが1人ですべきこと

コメントを残す