名前は ”I’m …” がスマートと思っていませんか?【スグ使える!英語転職面接フレーズ #1】

Mensetsu1

「英語で面接」というと、「英語ペラペラじゃないから自分には関係ないや…」と自分を対象外にしてしまう方が多いのですが、まずはその認識を改めましょう。
“自分の言葉” で ”自分の考えや仕事” を表現できさえすれば、ペラペラでなくたっていいんです。

相手が見ているのは、「英語の流暢さ」ではなく、”この人は英語を使って何ができるんだろう?” という「仕事の技術(スキル)」だからです。 ペラペラ呪縛からはいったん抜け出してください。 そして、今日からお伝えしていく、ちょっと差がつく光った “単語” や ”フレーズ”、”ニュアンス” の使い分けで、いつの間にか大きな差をつけていきましょう!

Let’s get started !

最初の質問の多くは “Tell me a bit about yourself.” 「あなたのことを簡単に教えていただけますか?」

——–これを聞かれたら、当然ですがまずは名前を名乗ることから始めます。
ここで、多くの日本人が“I’m ….” と答えます。英会話を勉強していると、”My name is ….”は不自然でネイティブの間でも使われないので”I’m …”を使いましょう、といろんなところに書いてあるからなんですね。

でも、ネイティブは“My name is ….”を日常の中で普通に使っています。
特に、ビジネスシーンでは”My name is …”の方が断然プロフェッショナルです!
面接でも、“My name is …”を使うだけで、場をわきまえたプロフェッショナルであることを最初からさりげなくアピールできるんですね。

ビジネスやフォーマルなシーンでは“My name is …”、カジュアルなシーンでは“I’m …”と覚えておくのが無難です。

《今回のポイント!》 面接で名前を名乗るときは “My name is…” がプロフェッショナル!

(ライター:保呂田友里

 

 

今、あなたにおすすめ

相手の間違いは"s"から始まるアノ単語でオトナに指摘する【クイズ!経理あるある英文フレーズ #2】
【ビジネスですぐ使える!】受け身な会議はもう卒業!――便利な”仕切りフレーズ”で会議をコントロールしてみよう《後編》
学歴や資格は正しい情報をきっちり書いて正々堂々立ち向かおう!【スグ使える!英文履歴書の書き方 #10】
【知ってたらまるでネイティブ?!】彼女が常に束縛してくるんだ。ホントに独占欲強くてさ!ってどういう?
ビジネス英語の動詞は難しく考えずこの5つを使いこなそう!【ビジネス英語は怖くない!#7】
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #10】”すみません、(電波が悪くて)声がよく聞こえません”をネイティブっぽく言ってみよう
【オフィスで同僚や部下を褒めてみる】〜"君、行動力あるね〜!"ってどういう?
【意外と言えない「ナナメ」「ヨコ」表現】〜オフィスでも日常でもよく使いますよね?

コメントを残す