【ビジネスですぐ使える!】上司のお願いに”All right !”って答えてない?-日本人がやってしまいがちな間違い12選《前編》

【ビジネスですぐ使える!】上司のお願いに”All right !”って答えてない?-日本人がやってしまいがちな間違い12選《前編》

ビジネスシーンであなたが何気なく使っている英語……もしかしたら間違っているかもしれません!そこで、日本人に多い間違いをまとめました。あなたは大丈夫ですか?!

1. “All right!” は「承知しました!」(快諾)ではない

日本語でも「オーライ!」って馴染みのあることばで、どっちかというと快く「わかった!」「いいよ!」というときに使いますよね。
でも、外国人に頼み事をされたときは気をつけて!

“All right.”は、「しょうがないなぁ」「ほんとはやりたくないけど、仕方ないからいいよ」という“ちょっと乗り気じゃない”ニュアンスになってしまいます。
私もまだ英語が全然わからない頃、外国人マネージャーの依頼にとりあえず「All right.」と答えていたら厳重注意されました(笑)。

☞上司に答えるときは、こう言います。
“Certainly. ”(もちろんです。)
” My pleasure. ”(喜んで!)
” OK, will do. ”(わかりました、やります。)
☞友達同士であれば 、カジュアルに” Sure! ”(もちろんだよ!)でOKです。

2. “Just 3 P.M.“ は「ちょうど午後3時」ではない

When did you go back to the office?「いつオフィスに戻ったの?」と聞かれて、
דI returned just 3 P.M.” と答えていませんか?

日本人のJustの感覚だと「ちょうど3時」言ってるつもりですが……
これでは「たったの午後3時に戻りました。」という意味になってしまいます。

☞「ちょうど3時に戻りました。」は、こう言います。
”I returned 3 P.M. sharp. ”
”I returned exactly 3 P.M.”

3. “Succeed the business” は「ビジネスに成功する」ではない

「何かに成功した!うまくいった!」というとき、
דI succeeded the business!”と言っていませんか?
これだと「ビジネスを受け継いだ」という意味になってしまいます。

☞「ビジネスに成功した!」は、こう言います。
”I succeeded in the business!”

succeedで「成功する」の意味を表すときは自動詞扱いなので、後ろに目的語(the business)をとるときは前置詞inが必要なんですね。

☞その他にも形容詞 ”successful”(成功した、うまくいった)を使って
”My business was successful.” ともよく言いますので覚えましょう!

4. “Pick up”は「いくつかの中からピックアップする」ではない

英語で ”I picked up some good books.”というと、日本語の「いくつか良い本をピックアップした」ではなく、「いくつか良い本を拾った」という意味になってしまいます。

☞「何かをいくつかの中からピックアップする」は、こう言います。
“I pick out some good books.”

5. “ I become to be a manager”「マネージャーになる」は間違い

「マネージャーになりました。」と言いたいとき、
ד I became to be a manager.” は間違いです。

☞正しくは”to be”をつけず、こう言います。
“I became a manager” 「マネージャーになりました」
☞「上司のこと嫌いになった」など、「〜するようになる」と言いたいときも、
× “I became to hate my boss.”とは言いません。正しくはこう言います。
“I began to hate my boss.”
“I came to hate my boss.”

☞後ろにable toをもってくればbecomeを使って「〜できるようになる」と言えます。
“I became able to speak English fluently.”
「英語が流暢に話せるようになりました。」

6.「私は言われた」は ”I was said” ではない

「なんでも後回しにするタイプなんだねって言われちゃった。」というとき、
דI was said that I was a procrastinator.” ではありません。

☞正しくはこう言います。
“I was told that I was a procrastinator.”
Procrastinatorは“なんでも後回しにする人”という単語ですが、
スマートなビジネスマンであるためにも、ぜひそうならないようにしましょうね!

まだまだある「日本人のやってしまいがちな間違い」。後編もお楽しみに!

(ライター:保呂田友里

article_key2

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】たとえ相手が社長でも“ナメられない”メールテクニック《前編》
【話すために必要な文法はコレだけ #2】「名詞」でマスターすべき4つのポイント
【ビジネスですぐ使える!】ダラダラした会議は時間の無駄!――会議をうまくリードするキラーフレーズ《前編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】ダメもとでやってみるってどういう!?
【非帰国子女でも英語で仕事はできる!#1】ネイティブ風に聞こえる便利な"こなれニュアンス"とは!?《前編》
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #4】 〜「名刺を”ちょうど今”切らしているんです」の正しい言い方
【アビタス卒業・受講生の皆様に捧ぐ、実務で使えるオススメ4冊!】〜皆さんの市場価値ってこんなに高いってご存知でした?
【英語を話す機会がない!とお悩みの方へ1人でできる『◯◯◯練習法』のススメ】〜英会話学校に大金をつぎ込む前にあなたが1人ですべきこと

コメントを残す