【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #1】〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です

 

Abituskarano1

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です

【問題です】

昨日Mr. Abitusは、何人の人に会ったでしょう?
そして、(     ) に入る動詞は何でしょう?

Mr. Abitus met an accountant and doctor who (     ) very kind.

A. was
B. were

 

【問題の答え】 

“accountant”(会計士) と”doctor”(医者)の2人に会った?と思うかもしれませんが、冠詞 ”a” が1つしかありませんね?

a は「あるひとつ、ひとり」を指しますので、Mr.Abitusさんが会った人は、“accountant”(会計士) と”doctor”(医者)の2つの肩書きを持った「1人」の人、というのが正解です!スゴイ人ですね(笑)。

 

では(   )に入る動詞はどっちが正解でしょう?

関係代名詞whoは、Mr.Abitusさんが会った「accountant と doctor」にかかっていますので、この人物が「1人」ということはそれに対応する動詞も単数のA. was が正解ということになります。

主語が「A and B」の場合は”複数扱い”と習ったかもしれませんが、AとBが同一の人(もの)のときは当てはまらないということです!

ちなみに、“accountant”(会計士) と”doctor”(医者)の別々の2人に会った、と言いたいときはどう言うでしょう?

そう、これが正解です。

Mr. Abitus met an accountant and a doctor, who were very kind.
(Mr.Abitusさんは会計士さんとお医者さんに会いましたが、それぞれとても親切でした)

 

いかがでしたか?

つまらない文法も、こうやってロジカルに考えたら面白いかも?!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】外国人の謙遜の仕方
経理人が知っておくべき、ネイティブ的うまい”お尻ペンペン”の仕方とは?!【クイズ!経理あるある英文フレーズ #4】
「昔と今のギャップを話す」というテクニック【スグ使える!英語転職面接フレーズ #3】
転職理由はとことんポジティブに! 【スグ使える!英語転職面接フレーズ #5】
”これから会計業界で生き残れなくなる会計士”とは?!:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
【非帰国子女でも英語で仕事はできる!#1】ネイティブ風に聞こえる便利な"こなれニュアンス"とは!?《前編》
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #12】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【やむなく”次善の策”をとるときのネイティブ表現】〜日常でもビジネスでもガンガン使えます!

コメントを残す