【知ってたらまるでネイティブ?!】ダメもとでやってみるってどういう!?

Marudenative17

《問題》 「ダメもとでやってみなよ!」

“You have (    ) to (    ). (    ) it a try!“

うまくいきそうにないけど”ダメもと”で何かにトライしてみるっていうこと、ありますよね。

そこで、今日の言えそうで言えないフレーズは、コレ!

◆「ダメもとだよ」は、こう言います。

“You have nothing to lose.” (ダメもとだよ)
“I have nothing to lose.” (ダメもとだよ)

「失うものは何もない」=「ダメもと」という発想ですね。

◆「やってみなよ」は”Try it!”でも良いのですが、こういうともっとカジュアルでネイティブっぽく聞こえます。

“Give it a try!” (やってみなよ!)

よって、正解は…

“You have nothing to lose. Give it a try!”
(ダメもとでやってみなよ!)

《今日のポイント!》
“(人) have nothing to lose.”
「ダメもとだよ」
“Give it a try!”
「やってみなよ!」

 

(ライター:保呂田友里)

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】学校では教えてくれない"I know"と"I know of"の違い
経理人が知っておくべき、ネイティブ的うまい”お尻ペンペン”の仕方とは?!【クイズ!経理あるある英文フレーズ #4】
【ビジネスですぐ使える!】相手が気分を害す何気ないひとことに気をつけよう——正しいのはどっち?《後編》
転職理由はとことんポジティブに! 【スグ使える!英語転職面接フレーズ #5】
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブ的「自然」で「丁寧」な表現5選——正しいのはどっち?《前編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】"のどがイガイガしても〜いや!"ってどういう?
短所と言いつつ「しっかりアピール」するテクニック【スグ使える!英語転職面接フレーズ #8】
【非帰国子女でも英語で仕事はできる!#1】ネイティブ風に聞こえる便利な”こなれニュアンス”とは!?《後編》

コメントを残す