【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #5】 〜相手の「連絡を取り合いましょう」の本気度を見分ける方法

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜英語学習は終わらぬ旅。いざ必要になってから始めるのではなく、”今”始めませんか?

【問題です】

カッコには何が入るでしょう? 
ビジネスシーンでよく使われる“Let’s keep in touch.”(連絡取り合いましょう)ですが、話を円満に切り上げるための”社交辞令”として使われることも多くあります。「この人とは今後本気で連絡を取り合いたい!」と思った相手にはこの表現で”本気度”を示すことがあります。 

“Let’s keep in touch,(     ). I’m very (     ).”
(ぜひこれからも連絡取り合いましょう。社交辞令じゃありませんよ)

 

【問題の答え】 

“Let’s keep in touch.”「連絡を取り合いましょう」はビジネスシーンでよく使われるフレーズですが、早く話を切り上げたいときに”社交辞令”としてよく使われたりもします。

便利と言えば便利なのですが、では「実際にこの人とは本気で今後連絡を取り合いたい」という相手に会ったとき、「どうせ社交辞令だろう」と思われることなくどう伝えるのがよいのでしょうか?

今回のポイントはこの2つ!

<Point 1> ”definitely” をつける!

<Point 2>その後に“I’m very serious.” (本気ですよ=> 社交辞令ではないですよをつけ加える!

つまり、あなたが逆の立場でも相手の”本気度”がわかるかもしれないということです。

プライベートではあまりドライに人の気持ちは計るべきではないと思いますが、ビジネスでは(相手が外国人の場合は特に)ある程度ドライに相手の気持ちを読んで動いた方が効率的でビジネスにとってはプラスなこともあるかもしれませんね!

 

よって正解はコレ!
“Let’s keep in touch, definitely. I’m very serious.”

 

 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】相手が気分を害す何気ないひとことに気をつけよう——正しいのはどっち?《後編》
【ビジネスですぐ使える!】会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう《後編》
転職理由はとことんポジティブに! 【スグ使える!英語転職面接フレーズ #5】
【知ってたらまるでネイティブ?!】女性必見!"目がむくんじゃって"ってどういう?!
短所と言いつつ「しっかりアピール」するテクニック【スグ使える!英語転職面接フレーズ #8】
カバーレターは本の◯と一緒!?カバーレターの重要な役目とは【スグ使える!英文履歴書の書き方 #12】
「英語が社内公用語」を豪語する企業の驚くべき実態?!【もし明日から社内公用語が英語になったら#1】
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #2】〜 "自分の非”をシレッと煙にまくテクニック

コメントを残す