【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #5】 〜相手の「連絡を取り合いましょう」の本気度を見分ける方法

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜英語学習は終わらぬ旅。いざ必要になってから始めるのではなく、”今”始めませんか?

【問題です】

カッコには何が入るでしょう? 
ビジネスシーンでよく使われる“Let’s keep in touch.”(連絡取り合いましょう)ですが、話を円満に切り上げるための”社交辞令”として使われることも多くあります。「この人とは今後本気で連絡を取り合いたい!」と思った相手にはこの表現で”本気度”を示すことがあります。 

“Let’s keep in touch,(     ). I’m very (     ).”
(ぜひこれからも連絡取り合いましょう。社交辞令じゃありませんよ)

 

【問題の答え】 

“Let’s keep in touch.”「連絡を取り合いましょう」はビジネスシーンでよく使われるフレーズですが、早く話を切り上げたいときに”社交辞令”としてよく使われたりもします。

便利と言えば便利なのですが、では「実際にこの人とは本気で今後連絡を取り合いたい」という相手に会ったとき、「どうせ社交辞令だろう」と思われることなくどう伝えるのがよいのでしょうか?

今回のポイントはこの2つ!

<Point 1> ”definitely” をつける!

<Point 2>その後に“I’m very serious.” (本気ですよ=> 社交辞令ではないですよをつけ加える!

つまり、あなたが逆の立場でも相手の”本気度”がわかるかもしれないということです。

プライベートではあまりドライに人の気持ちは計るべきではないと思いますが、ビジネスでは(相手が外国人の場合は特に)ある程度ドライに相手の気持ちを読んで動いた方が効率的でビジネスにとってはプラスなこともあるかもしれませんね!

 

よって正解はコレ!
“Let’s keep in touch, definitely. I’m very serious.”

 

 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】上司のお願いに”All right !”って答えてない?-日本人がやってしまいがちな間違い12選《前編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】学校では教えてくれない"I know"と"I know of"の違い
【ビジネスですぐ使える!】”I could do”と ”I was able to do”はどう違う?–ネイティブの助動詞の使い方《前編》
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #5】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
『ビジネス英語』に関する本やネット記事の落とし穴【ビジネス英語は怖くない!#4】
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #9】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【Notを”ノッツ”と発音している方必見!劇的に英語っぽく聞こえるコツ】〜少しでも早く自分の英語を録音して"現実"を知ってほしい!
【“Shaking”ばかり使ってない?!地震で使える3つの「揺れる」をおさえよう】〜ビルがゆ〜らゆ〜ら揺れるはShakingではありません!

コメントを残す