無駄なことはしないで!ビジネス英語習得のための2つの具体策【ビジネス英語は怖くない!#3】

 

ここまで「ビジネスシーンではビジネス英語だけを使うわけではない」とお話ししてきましたが、
じゃあビジネス英語を話せるようになるには実際どうしたらいい?」という方のために、ちょっと具体的に掘り下げてみようと思います。

私の感覚ではビジネス英語はこんなイメージです。

 

◆ビジネス英語 = 日常英会話 + (1)ビジネス用の単語、(2)ちょっとの丁寧な表現

(1)『ビジネス用の単語』をどうやって身につけるか?
スピードを求めるなら”TOEIC対策用の単語本”をとにかく1冊マスターしましょう。
マスターしたら次は日常英会話に移行すべきです。(これについてはまた今度!)

(2)『丁寧な表現』は、以下が使えればひとまず充分です。
色んなパターンを覚えるのに時間を使わないで! 

【基本】
I would like to do~ (~したいです)
May I do~(~してもよろしいですか?):許可を求める最も丁寧な言い方
Could you do~/Would you do~(~していただけますか?):誰にでも使える無難な言い方

【ちょっと応用】
Would you mind …ing?(~していただけますか?):相手が”Yes”と言ってくれる自信があるとき
Do you mind if I ask~?(~をお伺いしたいのですが):聞きにくいことを遠慮がちに聞くとき

さて今回もマネージャーMの”ぐちゃぐちゃEnglish”で締めくくろうと思います。
“Yesterday I rode taxi from here to my place and I dropped out staffs 
nearby to their house.”

間違いがわかればけっこう面白いハズ(笑)。
次回までに正しい英語を考えておいてくださいね!

Have fun!

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】学校では教えてくれない"I know"と"I know of"の違い
【ビジネスですぐ使える!】会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう《前編》
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブ的「自然」で「丁寧」な表現5選——正しいのはどっち?《後編》
【ビジネスですぐ使える!】”I could do”と ”I was able to do”はどう違う?–ネイティブの助動詞の使い方《後編》
学歴や資格は正しい情報をきっちり書いて正々堂々立ち向かおう!【スグ使える!英文履歴書の書き方 #10】
【非帰国子女でも英語で仕事はできる!#1】ネイティブ風に聞こえる便利な”こなれニュアンス”とは!?《後編》
【オフィスに必ず1人はいる”媚びてる人”の英語表現】〜ちょっと下品だけどオフィスで普通に使える表現です
【サルでもわかる文法講座〜実はビジネスでこんなに使う仮定法!】〜学校では習わない"本当によく使う”仮定法を伝授します

コメントを残す