長所を語るときは「知性をチラ見せ」する!【スグ使える!英語転職面接フレーズ #6】

Mensetsu6

今回は、“What are your strengths?”(あなたの長所は何ですか?)と聞かれたときの答え方です。

ここでのポイントは、忍耐力や意志の強さのアピールの中に「知性をチラ見せする」ことです!

【今日のフレーズ!】
“I’d say that my greatest strength is my patience and my strong willingness to try something new and challenging.”
(私の最大の長所は、忍耐力と新しいことや難しいことに挑戦しようとする強い気持ちだと思います。)

◆「と思います」は、“I think…”よりも“I’d say that…”の方が思慮深い印象を与えられます。

“willingness to do”は、何か難しいことや好んでやりたくないようなことをすすんでやる気持ち」というニュアンスで、”willingness” を使うことで、知的な印象を与えることができます。

◆「難しい」というのに “difficult”ではなく“challenging”という単語を使っています。“difficult”も“challenging”も「実現できそうにないほど難しい」という意味ですが、“challenging”には「実現は難しそうだけど、挑戦してみる価値がある」というポジティブなニュアンスがあります。
よって、ビジネスシーンで「難しい」というときは“challenging”を使うようにしましょう!

 

《今日のポイント!》
・「と思います」は“I think”ではなく“I’d say that…”を使う!
・「難しい」は“difficult”ではなくchallenging”を使う!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

「英語の話せない日本人」が明治時代から見落とし続けてきた”盲点”とは?
名前は ”I’m …” がスマートと思っていませんか?【スグ使える!英語転職面接フレーズ #1】
【ビジネスですぐ使える!】会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう《前編》
BECのWC対策にも!? 減損って何?を英語で書いてみよう【クイズ!経理あるある英文フレーズ #10】
長所その② ベタなフレーズ集のベタな表現を使わず言ってみる【スグ使える!英語転職面接フレーズ #7】
“ぐちゃぐちゃEnglish”でもペラペラに聞こえる秘密?!【ビジネス英語は怖くない!#1】
【非帰国子女でも英語で仕事はできる!#1】ネイティブ風に聞こえる便利な"こなれニュアンス"とは!?《前編》
【やむなく”次善の策”をとるときのネイティブ表現】〜日常でもビジネスでもガンガン使えます!

コメントを残す