長所を語るときは「知性をチラ見せ」する!【スグ使える!英語転職面接フレーズ #6】

Mensetsu6

今回は、“What are your strengths?”(あなたの長所は何ですか?)と聞かれたときの答え方です。

ここでのポイントは、忍耐力や意志の強さのアピールの中に「知性をチラ見せする」ことです!

【今日のフレーズ!】
“I’d say that my greatest strength is my patience and my strong willingness to try something new and challenging.”
(私の最大の長所は、忍耐力と新しいことや難しいことに挑戦しようとする強い気持ちだと思います。)

◆「と思います」は、“I think…”よりも“I’d say that…”の方が思慮深い印象を与えられます。

“willingness to do”は、何か難しいことや好んでやりたくないようなことをすすんでやる気持ち」というニュアンスで、”willingness” を使うことで、知的な印象を与えることができます。

◆「難しい」というのに “difficult”ではなく“challenging”という単語を使っています。“difficult”も“challenging”も「実現できそうにないほど難しい」という意味ですが、“challenging”には「実現は難しそうだけど、挑戦してみる価値がある」というポジティブなニュアンスがあります。
よって、ビジネスシーンで「難しい」というときは“challenging”を使うようにしましょう!

 

《今日のポイント!》
・「と思います」は“I think”ではなく“I’d say that…”を使う!
・「難しい」は“difficult”ではなくchallenging”を使う!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】上司のお願いに”All right !”って答えてない?-日本人がやってしまいがちな間違い12選《後編》
【ビジネスですぐ使える!】”As you know”は皮肉って知ってた?!-そんな「隠れ失礼」な表現7選《前編》
【ビジネスですぐ使える!】外国人と仕事するときの”リスク”を減らせるメールテクニック《前編》
「いつから働ける?」に対し「すぐにでも!」と答えるのは 正解?不正解?【スグ使える!英語転職面接フレーズ #12】
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #2】〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【知ってたらまるでネイティブ?!】陰でコソコソ言って、いいと思ってんの?!ってどういう?
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブっぽく話すキモはイディオムにあった――ビジネスでよく使う”go”を使ったイディオム3選《前編》
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #3】〜相手につべこべ言わせず提出期限の延長を成功させるテクニック

コメントを残す