長所を語るときは「知性をチラ見せ」する!【スグ使える!英語転職面接フレーズ #6】

Mensetsu6

今回は、“What are your strengths?”(あなたの長所は何ですか?)と聞かれたときの答え方です。

ここでのポイントは、忍耐力や意志の強さのアピールの中に「知性をチラ見せする」ことです!

【今日のフレーズ!】
“I’d say that my greatest strength is my patience and my strong willingness to try something new and challenging.”
(私の最大の長所は、忍耐力と新しいことや難しいことに挑戦しようとする強い気持ちだと思います。)

◆「と思います」は、“I think…”よりも“I’d say that…”の方が思慮深い印象を与えられます。

“willingness to do”は、何か難しいことや好んでやりたくないようなことをすすんでやる気持ち」というニュアンスで、”willingness” を使うことで、知的な印象を与えることができます。

◆「難しい」というのに “difficult”ではなく“challenging”という単語を使っています。“difficult”も“challenging”も「実現できそうにないほど難しい」という意味ですが、“challenging”には「実現は難しそうだけど、挑戦してみる価値がある」というポジティブなニュアンスがあります。
よって、ビジネスシーンで「難しい」というときは“challenging”を使うようにしましょう!

 

《今日のポイント!》
・「と思います」は“I think”ではなく“I’d say that…”を使う!
・「難しい」は“difficult”ではなくchallenging”を使う!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

”敏腕経理人”がみんな使っている、ジェントルなのにグサっと”刺さる”指摘の仕方【クイズ!経理あるある英文フレーズ #3】
長所その② ベタなフレーズ集のベタな表現を使わず言ってみる【スグ使える!英語転職面接フレーズ #7】
【ビジネスですぐ使える!】”I have to do”と”I must do”はどう違う?――助動詞のニュアンスの違いをうまく使いこなそう!《後編》
【ビジネスですぐ使える!】正しいようで実はイマイチな表現5選——正しいのはどっち?《後編》
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #3】〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #5】 〜相手の「連絡を取り合いましょう」の本気度を見分ける方法
【Notを”ノッツ”と発音している方必見!劇的に英語っぽく聞こえるコツ】〜少しでも早く自分の英語を録音して"現実"を知ってほしい!
【やむなく”次善の策”をとるときのネイティブ表現】〜日常でもビジネスでもガンガン使えます!

コメントを残す