【ビジネスですぐ使える!】”I have to do”と”I must do”はどう違う?――助動詞のニュアンスの違いをうまく使いこなそう!《前編》

Business17

たとえば ”You work.” (あなたは働きます)に助動詞 ”can” をつけることで ”You can work.” (あなたは働くことができます)となりますし、”must” をつければ ”You must work.”(働きなさい!)になるように、同じ動詞にまったく違う意味を持たせるのが「助動詞」です。

つまり、うまく「助動詞」を使い分けることで、ビジネスシーンでもあなたの微妙な感情やニュアンスの違いを示すことができるということなんですね。


今回は、微妙なニュアンスの違いを、ネイティブがどんな風に使い分けているのか見ていきましょう!

 

1. 「〜する必要がある」 ”I need to do” と ”I’ve got to do” は何が違う?


“I need to do””I’ve got to do” は両方「〜する必要がある」
という意味で、ネイティブも話し言葉でよく使いますが、ちょっとしたニュアンスの違いがあります。

“I need to do”単純に「何かを今やらなければ」ということを伝えたいときに使います。
I need to talk to my client about that.
(クライアントとそのことについて話さなければ)

”need to do” は、”ちょっと怒っている”ニュアンスも表せます。
You need to work harder.(あなたはもっと一生懸命働かないと!)


◆一方で、”I’ve got to do”は、「どうしても何かをしたくてもう待てないから〜しなきゃ」というニュアンスで使います。

I’ve got to get a new mobile phone. It broke.(携帯が壊れちゃった、新しいの買わなきゃ)

また、「何かをするために必要な能力や資質など」を伝えるときにも使います。
I’ve got to have an impressive background and passionate in order to get a job offer.
(採用されるには、すごいバックグラウンドと情熱を持っている必要があります)

 

後編もお楽しみに!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

希望職種(2) 会計士応募者の中でキラッと光るための2つの小ワザ【スグ使える!英文履歴書の書き方 #3】
【話すために必要な文法はコレだけ #4】主役になれない「副詞」だけど、実は話す上では欠かせない"名脇役"!
【ビジネスですぐ使える!】受け身な会議はもう卒業!――便利な”仕切りフレーズ”で会議をコントロールしてみよう《後編》
カバーレターは本の◯と一緒!?カバーレターの重要な役目とは【スグ使える!英文履歴書の書き方 #12】
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #7】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【アビタス卒業・受講生の皆様に捧ぐ、実務で使えるオススメ4冊!】〜皆さんの市場価値ってこんなに高いってご存知でした?
【英語を話す機会がない!とお悩みの方へ1人でできる『◯◯◯練習法』のススメ】〜英会話学校に大金をつぎ込む前にあなたが1人ですべきこと
【もうすぐGW!”5月病”は日本固有の病気ってご存知でした?】〜みなさんにとってGWは「頑張るウィーク」かもしれませんね

コメントを残す