BECのWC対策にも!? オフショアリング(オフショア業務)って何?を英語で書いてみよう【クイズ!経理あるある英文フレーズ #7】

Keiriaruaru7

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今一部経理業務の「オフショアリング(オフショア業務)」が検討されており、それに対しあなたは”リスク”を感じています。そんなとき同僚に「オフショア業務って?どんなリスクがあるの?」と聞かれたら、どう答えますか?
英語で書いてみましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【クイズの答え(回答例)】

 

Offshoring is a concept used when a company moves part of the business processes to another country where there’s lower labor costs or more favorable economic conditions etc. However, there’re many risks and problems associated with off-shore operations such as language and cultural differences and unproductive staff, which could have a negative effect on our business processes.

(オフショアリングとは、企業が労働コストが安い、またはより好ましい経済状況をもつ他国にビジネスプロセスの一部を移転する、というときに使われる概念です。しかし、オフショア業務に関しては多くのリスクや問題があり、例えば言語や文化の違いや非生産的なスタッフなどが我々の業務プロセスに悪影響を及ぼす可能性があります)

 

 

◆助動詞”could”は未来に何かが起こりうる可能性があるときに使います。”could have a negative effect on〜” (〜に悪影響を与える可能性がある)の表現は覚えましょう!

 

◆私自身、日本・フィリピン間でオフショアビジネスを行っているのでよくわかるのですが、確かに労働コストはとても安いです。一方で、やはり文化の違いによる「労働」に対する”ゆるさ、甘さ”のようなものは確実にあって、しっかりとマネジメントを行わないとグダグダになってしまいます。まさにこれこそがオフショア業務のリスクですよね。

 

書けましたか?

英語を書けるようになるには、”書いて直してもらって” の繰り返しが重要です!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

チョット差のつく「直近の仕事」の話し方【スグ使える!英語転職面接フレーズ #2】
【ビジネスですぐ使える!】”As you know”は皮肉って知ってた?!-そんな「隠れ失礼」な表現7選《前編》
【ビジネスですぐ使える!】身近な単語の意外な落とし穴 ——正しいのはどっち?《前編》
【話すために必要な文法はコレだけ #5】「動詞」でマスターすべき6つのポイント《後編》
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブがほんとに使う「電話表現」を覚えよう——正しいのはどっち?《後編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】ダメもとでやってみるってどういう!?
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #10】”すみません、(電波が悪くて)声がよく聞こえません”をネイティブっぽく言ってみよう
【いやらしくない相手の連絡先の聞き出し方】〜"Can I have your phone number?"とか"Can you tell me your number?&...

コメントを残す