職歴(1) “影の立役者”ぶりをアピール! 前職「記帳者」の場合の職歴の書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #8】

Rirekisho8
今回から5項目のうちの4つ目「Professional Experience(職歴)」の書き方です。

ここでは、職歴を「新しい順」に、「どんな責任を負って(= Responsibilities)、どんな成果を出してきたか(= Achievements)」の2つの視点で書いていきます。

今回は前職で「記帳業務」をやっていた場合です。
ここでも「アピール」を忘れずに!

【(4) Professional Experienceの書き方:前職「記帳業務」の場合】

Professional Experience(太字14pt, Arial)
Bookkeeper, DEF Co.,Ltd   Tokyo, Japan  April 2013 - present

Responsibilities:
 ・Responsible for daily entry of accounting transactions. (日々の取引の記帳)
 ・Assisted in payroll processing (給与計算サポート)

Achievements:
 ・Contributed to a significant increase in productivity by delivering high level of support to CPA.
  (会計士への有力なサポートによる生産性向上への貢献)
 ・Consistently demonstrated talent for completing tasks ahead of schedule while maintaining a high degree of accuracy.
   (正確性を維持した上で期限内にタスクを完了する能力を常に示した)

(11pt, Arial、箇条書き)

 

◆まずは「職種、会社名、場所、在職期間」の順に書きましょう。

◆“Responsibilities”は、「どんな仕事でどんな責任を負っていたか」を書きます。
 “Achievements”の方が重視されるので、シンプルな記述で構いません。

◆“Achievements”は、売上額などの数字を示すと説得的ですが、記帳業務の場合なかなか難しいので、
「内部コミュ力(high level of support to CPA)」や
「生産性の向上への貢献Contributed to a significant increase in productivity)」、
「期限内での業務遂行力(completing tasks ahead of schedule)」
などといった“影の立役者”ぶりを存分にアピールしましょう!

 

《今日のポイント!》
・職歴は「新しい順」に、
 “Responsibilities”と”Achievements”の2つの視点で書く!
・記帳業務の場合、とにかく“影の立役者”ぶりをアピール!

 

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

「昔と今のギャップを話す」というテクニック【スグ使える!英語転職面接フレーズ #3】
【ビジネスですぐ使える!】外国人と仕事するときの”リスク”を減らせるメールテクニック《後編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】夏に向けてダイエット宣言したいなら知っておきたいフレーズ
【話すために必要な文法はコレだけ #6】仮定法を難しく考えている方必見!仮定法でおさえるべき3つのポイント
ビル・ゲイツが提唱する”ロボット税”で人間は救われるか?:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #7】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #10】”すみません、(電波が悪くて)声がよく聞こえません”をネイティブっぽく言ってみよう
【CNNの英語学習者用サイト”en.news with CNN”を試しにやってみた!】〜CNNだけに期待は高まるがその実態はいかに?

コメントを残す