【ビジネスですぐ使える!】”As you know”は皮肉って知ってた?!-そんな「隠れ失礼」な表現7選《前編》

Business1

当たり前のように使っていたけど実は“失礼な言い方”だった……なんてことがあるかもしれません!そんな“隠れ失礼”な表現をまとめました。
あなたは大丈夫ですか?

1.「お待ちしておりました」に wait を使ったら失礼!

目上の人やお客様に対し、“I have been waiting for you.”と言ってしまうと、
「(約束の時間に遅刻したあなたを)ずっと待っていたのですよ。」と聞こえてしまいます。

「お待ちしておりました。お越しいただき有難うございます。」と言いたいときはこう言います。
“I have been expecting you.”

2.”Thank you for taking time to meet me.”は失礼!

誰かに会ったことにお礼を言いたいとき、“Thank you for time to meet me.”と言ってしまうと、「わざわざ会うために時間かけてくれて有難う」という “皮肉”めいた言葉に聞こえてしまいます。

「貴重なお時間の中お会いいただき有難うございます」と言いたいときは、こう言います。
“Thank you for taking the time to meet me.”
“time” に”the”をつけることで、“会う”というその時間の「目的」がフォーカスされまが、”the”をつけないと「時間をかける」という点だけがフォーカスされ、皮肉っぽく聞こえてしまうんですね。

3.以前に会ったことがある人に”I’m happy to meet you.”は失礼!

これまで会ったことがある人に” I’m happy to meet you.”と言ってしまうと、「前自分と会ったこと忘れてるのかな……」と思われてしまうかもしれません。
実は、「初めまして」を ”Nice to meet you.”というように、”meet”には「初めて会う」というニュアンスがあるんですね。

「お会いできて嬉しく思います」と以前会ったことがある人に言うときは ”see” を使ってこう言います。
“I’m happy to see you.”
「この人、会ったことがあるような、ないような……」というときも”see” を使った方が無難ですよ!

 

いかがでしたか?まだまだある「隠れ失礼」な表現。後編もお楽しみに!

(ライター:保呂田友里

今、あなたにおすすめ

今、市場価値の高い”スーパー会計パーソン”とは?!【クイズ!経理あるある英文フレーズ #1】
【知ってたらまるでネイティブ?!】意外と言えない"〜年ぶり"の言い方
【ビジネスですぐ使える!】相手が気分を害す何気ないひとことに気をつけよう——正しいのはどっち?《後編》
職歴(2)“迫力ある会計士”オーラをにじませるのがキモ! 前職「会計士」の場合の職歴の書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #9】
英文履歴書に「趣味、特技」の記載は必要?!記載不要事項をおさえよう【スグ使える!英文履歴書の書き方 #11】
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #8】 〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #2】〜 "自分の非”をシレッと煙にまくテクニック
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #10】”すみません、(電波が悪くて)声がよく聞こえません”をネイティブっぽく言ってみよう

コメントを残す