ビジネス英語の動詞は難しく考えずこの5つを使いこなそう!【ビジネス英語は怖くない!#7】

「ビジネスでは“難しい動詞”を使わないといけない」というイメージがありますよね?

もちろん、中には堅くて難しい動詞もあります。
しかし実際は、多くの場合皆さんがよく知っている“基本的な動詞”を使って色々なことを表現するんですよ!

そこで今日は、ビジネスシーンでよく使う動詞トップ5です。
これらをまずはマスターしましょう! 

【第1位】 Get (手に入れる/~になる/到着する/~させる/~してもらう)
・Get used to it(慣れる) 
・Get tied up(忙殺される)
・Get in(仕事等に到着する)
・Get sidetracked(気が散る)
・Get him to go(なんとか彼を行かせる)

【第2位】 Take (とる/耐える/連れて行く)
・Take up your time(時間をとる
・I can’t take it(我慢できない)
・Take the minutes(議事録をとる)
・Take out the guests to diner(お客様をディナーに接待する)

【第3位】 Have (持っている/する/~してもらう)
・Have lunch(ランチする)
・Have a headache(頭痛がする)
・Have a meeting(打ち合わせする)
・I’ll have him call you back(彼にコールバックさせます)

【第4位】 Make (つくる/する/~させる/うまくいく)
・Make an appointment(アポをとる)
・Does it make sense?(納得ですか?)
・Make him go(彼を行かせる)
・I can make it. (間に合います、できます) 

【第5位】 Let (~しよう!/~させる/~のままにする)
・The rain’s let up.(雨がやんだ)
・Let’s get started! (始めましょう!)
・Let’s not go(行かないでおきましょう)
・Please let me know. (お知らせください)

さて、今回もマネージャーMの“ぐちゃぐちゃEnglish”です!
間違いがわかりますか?

“ Yuri, thank you so much for taking your time.” 
(ゆり、お時間ありがとう)

Have fun!

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】一つのことに集中するのが苦手なアナタが知っておくべきフレーズ
【ビジネスですぐ使える!】”As you know”は皮肉って知ってた?!-そんな「隠れ失礼」な表現7選《前編》
【ビジネスですぐ使える!】身近な単語の意外な落とし穴 ——正しいのはどっち?《前編》
長所を語るときは「知性をチラ見せ」する!【スグ使える!英語転職面接フレーズ #6】
【知ってたらまるでネイティブ?!】"のどがイガイガしても〜いや!"ってどういう?
長所その② ベタなフレーズ集のベタな表現を使わず言ってみる【スグ使える!英語転職面接フレーズ #7】
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブがほんとに使う「電話表現」を覚えよう——正しいのはどっち?《前編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】またのろけちゃって、ラブラブだねってどういう?

コメントを残す