【“Shaking”ばかり使ってない?!地震で使える3つの「揺れる」をおさえよう】〜ビルがゆ〜らゆ〜ら揺れるはShakingではありません!

 

<<Abitus x O.N.E コラボ企画>>
〜”shaking”ばかり使っている人必見!地震で使える「揺れる」のいろいろ。

【問題】 
「大阪のほうで大きい地震があったね。タワマンが一斉にユラユラ揺れてるのをTVで見て超怖かったよ!」ってどういう?

“A strong earthquake hit the area around Osaka. I saw  (     ) (     )  all together on TV and it was so scary!”

 

【問題の答え】 

日本中が大きな地震で揺れていて、なんだかイヤ〜な予感がする今日この頃、しばらくは地震の話題が尽きないような気がしますね。

そこで今回は、「揺れの状況」をより正確に説明できるようになりましょう!地震でよく使う「揺れる」はこの3つ!

"sway" = 「建物、木々、葉っぱなどがゆ〜らゆ〜ら揺れる」
"shake" =「地面や建物がガタガタガタ!と激しく揺れる」
"swing" =「吊るされているものがグラグラ揺れる

The skyscrapers are swaying!=タワマンがユラユラ揺れてるよ!

The ground is shaking, isn’t it?= なんか地面揺れてない?

The chandelier keeps swinging. =シャンデリアがずっと揺れてる

のように使いわけます。

ついでに・・・

オリンピックに向け湾岸エリアに乱立しているタワーマンション」も日頃話題にすることも多いかと思いますので、穴埋めにしてみました。

skyscraper = タワマン、高層ビル

よって正解はコレ!

“A strong earthquake hit the area around Osaka. I saw sky scrapers swaying all together on TV and it was so scary!”

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

「英語の話せない日本人」が明治時代から見落とし続けてきた”盲点”とは?
【知ってたらまるでネイティブ?!】外国人の謙遜の仕方
チョット差のつく「直近の仕事」の話し方【スグ使える!英語転職面接フレーズ #2】
【ビジネスですぐ使える!】”I have to do”と”I must do”はどう違う?――助動詞のニュアンスの違いをうまく使いこなそう!《前編》
【ビジネスですぐ使える!】正しいようで実はイマイチな表現5選——正しいのはどっち?《前編》
【非帰国子女でも英語で仕事はできる!#1】ネイティブ風に聞こえる便利な”こなれニュアンス”とは!?《後編》
“ぐちゃぐちゃ英語なんてイヤだ”という方へ「正しい英語」の身につけ方【ビジネス英語は怖くない!#6】
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #2】〜 "自分の非”をシレッと煙にまくテクニック

コメントを残す