【ビジネスですぐ使える!】会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう《前編》

Business9

ビジネスシーンで自分の意見を伝えるとき、いつも “I think…”と言っていませんか?「〜と思います」のニュアンスをちょっと使い分けるだけで、より正確にあなたの考えを伝えることができるんです。今回は、そんな「〜と思います」のパターンをいくつか覚えましょう!

1. 「90%以上の確信をもって思う」ときは “I believe”

90%〜100%の確信と強い意志をもって、あなたの考えを伝えるときは “believe” を使います。

“Regarding to the time limit, you mentioned that the project must be completed before the beginning of April. But, realistically speaking, this may be difficult to achieve. I believe that we should extend this time limit by one month.”

プロジェクト期限について、4月初めまでに完了すべきとありますが、現実的には達成は難しいと思います。私は、期限を1ヶ月延ばすべきだと思っています。

2. 「70%以上の確信をもって思う」ときは “I think”

70%以上の確信をもって、あなたの考えを伝えるときは”think”を使います。
ビジネスシーンでも応用範囲が広い言葉ですが、「ちゃんと根拠があってそう思う」ときだけ使いましょう。

“Based on our preliminary work on the project, I think strategic marketing is essential if we are to increase our share of the market and it will work.”

プロジェクトを少し進めただけの段階ではありますが、我々が市場シェアを拡大するためには戦略的なマーケティングが不可欠であり、私はそれはうまくいくと思います。


“I think” より丁寧で控えめな表現として “I suppose” があり、50%〜80%の確信をもって意見を述べ
る際に使えます。よりかっちりした場面でオススメです!

 

後編もお楽しみに!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】「検討します」と”I’ll consider it.”は大違い-まだまだある!日本人がやってしまいがちな間違い10選《後編》
BECのWC対策にも!?IFRSって何?を英語で書いてみよう【クイズ!経理あるある英文フレーズ #5】
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブがほんとに使う表現を覚えよう——正しいのはどっち?《後編》
【ビジネスですぐ使える!】正しいようで実はイマイチな表現5選——正しいのはどっち?《前編》
海外メディアが見る日本企業の不正会計に”共通する原因”とは?!:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
【ビジネスですぐ使える!】受け身な会議はもう卒業!――便利な”仕切りフレーズ”で会議をコントロールしてみよう《前編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】”大人買いして気持ちいいー!”ってどういう?
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #6】 〜ゆりやんレトリィバァのアメリカ人のモノマネから学ぶ会話のうまい切り上げ方

コメントを残す