【ビジネスですぐ使える!】会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう《前編》

Business9

ビジネスシーンで自分の意見を伝えるとき、いつも “I think…”と言っていませんか?「〜と思います」のニュアンスをちょっと使い分けるだけで、より正確にあなたの考えを伝えることができるんです。今回は、そんな「〜と思います」のパターンをいくつか覚えましょう!

1. 「90%以上の確信をもって思う」ときは “I believe”

90%〜100%の確信と強い意志をもって、あなたの考えを伝えるときは “believe” を使います。

“Regarding to the time limit, you mentioned that the project must be completed before the beginning of April. But, realistically speaking, this may be difficult to achieve. I believe that we should extend this time limit by one month.”

プロジェクト期限について、4月初めまでに完了すべきとありますが、現実的には達成は難しいと思います。私は、期限を1ヶ月延ばすべきだと思っています。

2. 「70%以上の確信をもって思う」ときは “I think”

70%以上の確信をもって、あなたの考えを伝えるときは”think”を使います。
ビジネスシーンでも応用範囲が広い言葉ですが、「ちゃんと根拠があってそう思う」ときだけ使いましょう。

“Based on our preliminary work on the project, I think strategic marketing is essential if we are to increase our share of the market and it will work.”

プロジェクトを少し進めただけの段階ではありますが、我々が市場シェアを拡大するためには戦略的なマーケティングが不可欠であり、私はそれはうまくいくと思います。


“I think” より丁寧で控えめな表現として “I suppose” があり、50%〜80%の確信をもって意見を述べ
る際に使えます。よりかっちりした場面でオススメです!

 

後編もお楽しみに!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

【知ってたらまるでネイティブ?!】学校では教えてくれない"I know"と"I know of"の違い
【ビジネスですぐ使える!】たとえ相手が社長でも“ナメられない”メールテクニック《前編》
「最初に焦って話しすぎない」が成功のカギ【スグ使える!英語転職面接フレーズ #4】
【ビジネスですぐ使える!】相手が気分を害す何気ないひとことに気をつけよう——正しいのはどっち?《後編》
転職理由はとことんポジティブに! 【スグ使える!英語転職面接フレーズ #5】
職歴(1) “影の立役者”ぶりをアピール! 前職「記帳者」の場合の職歴の書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #8】
【ビジネスですぐ使える!】“英語で面接”なんて無理って思ってない?!――転職面接で効果的なお決まりフレーズ集《前編》
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #4】 〜「名刺を”ちょうど今”切らしているんです」の正しい言い方

コメントを残す