BECのWC対策にも!?アウトソーシングって何?を英語で書いてみよう【クイズ!経理あるある英文フレーズ #6】

Keiriaruaru6


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q. あなたは今「給与計算」も担当していますが、社員数の拡大に伴い「アウトソーシング」した方が良いと考えるようになりました。そんなとき、同僚に「アウトソーシングって?なんでそのほうがいいの?」と聞かれたらどう説明しますか? 英語で書いてみましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【クイズの答え(回答例)】

Outsourcing is a concept used when a company contracts out non-core functions such as administrative and back-office activities to an external provider. Payroll is a non-core function we should outsource because outsourcing reduces the risk of the payroll not being processed in a timely manner as we hire more employees and frees up resources to focus more on our core business.

(アウトソーシングとは、アドミやバックオフィス業務などのコストセンター機能を外部の業者に切り出す、というときに使われる概念です。給与計算はアウトソーシングすべき業務で、その理由はアウトソーシングすることで社員の増加に伴う給与計算リスクを減らせること、また人的および物的リソースをコアビジネスに投下することができることです)

 

◆まず、” Outsourcing is a concept”の書き出しで「アウトソーシングとは何なのか?」の核心を書きます。

 

◆今日のキーワードは、”non-core functions”!顧客にチャージしない「コストセンター」であることを意味します。

 

◆私自身、ネットバンキングの操作ミスで支払日を遅らせてしまうという大失態を起こしたことがありますが(汗)、「給与計算」は従業員の生活がかかっているのでミスは許されません。「なぜアウトソーシングすべきなのか?」を説明するときは、そんな人為的な「リスク」を少しでも回避できること(reduce the risk)をアピールすると良いでしょう!

 

書けましたか?

英語を書けるようになるには、”書いて直してもらって” の繰り返しが重要です!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

名前は ”I’m …” がスマートと思っていませんか?【スグ使える!英語転職面接フレーズ #1】
【ビジネスですぐ使える!】「検討します」と”I’ll consider it.”は大違い-まだまだある!日本人がやってしまいがちな間違い10選《前編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】意外と言えない"〜年ぶり"の言い方
【ビジネスですぐ使える!】ネイティブっぽく話すキモはイディオムにあった――ビジネスでよく使う”go”を使ったイディオム3選《前編》
【意外と言えない「ナナメ」「ヨコ」表現】〜オフィスでも日常でもよく使いますよね?
【最も"旬でリアルな"英語を1人で学べるツールとは?】〜「アホやな〜」と笑えればリスニング力は上々!
【やむなく”次善の策”をとるときのネイティブ表現】〜日常でもビジネスでもガンガン使えます!
【”てかギリギリじゃん!”とか”スレスレじゃん!”って英語でどういう?】〜ネイティブっぽく聞こえる便利な表現です

コメントを残す