ビジネス英語を話すための『日常英会話』“即効”習得法【ビジネス英語は怖くない!#5】

おさらいです。
ビジネス英語を話すために”不可欠なもの”は何でしたか?

『日常英会話力』ですね。

そこで今日は、どうやって『日常英会話力』を身に付けるか?のお話をしようと思います。

まず、コラムをお読みくださっている殆どの方が英語を“第二言語”として学ばれているかと思います。
私自身もそうなので、皆さんと同じ立場としてちょっと“残酷”なことを言わせていただくと——

そんな私たちが『日常英会話力』を身に付けるには、
とにかくできるだけ
多くの表現に「出会って・覚えて・使ってみる」しかありません!

例えば、「ポテチ大人買いしちゃったよー!」は“I bought potato chips like a millionaire!”ですし、
「私ネコ派だよ」は“I’m a cat person.”ですし、「メールが文字化けしちゃって」は”The e-mail is garbled.”です。

こんなの、知ってないと言えないですよね?

私もずいぶんもがきました。
語学は終わらぬ旅ですから「もっとこう言えたのに」なんてことは今だってたくさんありますが、
今日は“即効性”のある2つの方法を伝授いたしますね。

<1>日常英会話の本1冊を使って「日本語→英語」に瞬間英作していく(声に出して)

どのレベルの方にもオススメなのがコチラ。分厚っ!と思うかもしれませんが、
日常英会話のボキャブラリーはこれでもまだ足らないのです!

★「今すぐ言える! 英会話フレーズブック」 石原真弓著(学研出版)

<2>「これ、英語でどう言うんだろう?」と思ったらネットですぐ検索してみる。

「DMM英会話なんてuKnow?」http://eikaiwa.dmm.com/uknow/)
というサイトの「キーワード検索」はなかなか便利です。

さて最後はマネージャーMの“ぐちゃぐちゃEnglish”。
昨日セブ島で大きな地震があったそうでこんなひと言です。

けっこうイイ感じでぐちゃぐちゃですが、わかりますか?

”We had badly earthquake then it was scared!” 

(ライター:保呂田友里

go_ftl

今、あなたにおすすめ

【話すために必要な文法はコレだけ #5】「動詞」でマスターすべき6つのポイント《後編》
【話すために必要な文法はコレだけ #6】仮定法を難しく考えている方必見!仮定法でおさえるべき3つのポイント
【Abitusからの「やる気スイッチ」クイズ #1】〜頭の柔軟体操しませんか? 英語上級者でも迷っちゃう、中学校で習ったはずの英語です
【知ってたらまるでネイティブ?!】お言葉に甘えてお先に失礼しますってどういう?
【非帰国子女でも英語で仕事はできる!#1】ネイティブ風に聞こえる便利な"こなれニュアンス"とは!?《前編》
“ぐちゃぐちゃ英語なんてイヤだ”という方へ「正しい英語」の身につけ方【ビジネス英語は怖くない!#6】
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #5】 〜相手の「連絡を取り合いましょう」の本気度を見分ける方法
【サルでもわかる文法講座〜実はビジネスでこんなに使う仮定法!】〜学校では習わない"本当によく使う”仮定法を伝授します

コメントを残す