【知ってたらまるでネイティブ?!】電波が悪いだけなのに一歩間違うと恋人との別れ話になってしまうキケンな一言

Marudenative5

《問題》「うーん、声がとぎれて聞こえない。なんだか電波が悪いみたいだね」

Hmm… You’re (   ) up. May be we have bad (   ).

 

◆電話をしているとき、電波が悪くて相手の声がとぎれとぎれになって聞きとれないこと、ありますよね。そんなときはこう言います。

“You’re breaking up!” (声がとぎれとぎれで聞こえない!)

“break up”というと「カップルが別れる」というイメージが強いですが、
「電波が悪くて声がとぎれとぎれで聞こえない」というときにも使います。

“You’re breaking up with me!”
と言ってしまうと、「あなた、もう私と別れるつもりなのね!」となってしまうので要注意です!

◆「電波が悪い」というときは、こう言います。

”We have bad reception.” (電波が悪いみたいだね)

「電波の状態」のことを “reception” といいます。 数えられない名詞なので、”a” をつけないように気をつけましょう。

シーン別に、こんな使い方ができますよ!
”I have bad reception.” 「私の方の電波が悪いみたい」
”You have bad reception.” 「そっちの電波、悪いみたいだね」
“I lost reception.” 「電波がなくなっちゃった」
“I have reception.” 「こっち電波あるよ」

《今日のポイント!》
“You’re breaking up!” 
「声がとぎれとぎれで聞こえない!」
”We have bad reception.”
「電波が悪いみたいだね」

(ライター:保呂田友里

今、あなたにおすすめ

「昔と今のギャップを話す」というテクニック【スグ使える!英語転職面接フレーズ #3】
【ビジネスですぐ使える!】会議で 「~と思います」のニュアンスを使い分けよう《前編》
BECのWC対策にも!? 間接費って何?を英語で書いてみよう【クイズ!経理あるある英文フレーズ #8】
【ビジネスですぐ使える!】ダラダラした会議は時間の無駄!――会議をうまくリードするキラーフレーズ《前編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】"鼻水とくしゃみが止まらない"ってどういう?
海外メディアが見る日本企業の不正会計に”共通する原因”とは?!:英語記事の「5つのポイントを5分で理解する」
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #8】 〜意外と知らない”間違い電話”をしてしまったときのとっさのひと言
【オフィスで同僚や部下を褒めてみる】〜"君、行動力あるね〜!"ってどういう?

コメントを残す