希望職種(2) 会計士応募者の中でキラッと光るための2つの小ワザ【スグ使える!英文履歴書の書き方 #3】

Mensetsu4

前回お話しした「英文履歴書に記載すべきたった5つの項目」はもう大丈夫ですか?
今回は、Accountant(会計士業務)のポジションを得たい場合のObjective(希望職種)の書き方を見ていきましょう。5つのうち、2つ目の項目です!

【(2) Objectiveの書き方:希望職種「会計士業務」の場合】
Objective(太字16pt, Arial)
To obtain an Accountant position where the application of my exceptional expertise in preparing financial statements and providing auditing support, and my computer literacy can contribute to the success and reputation of the company. (11pt, Arial)
(自分の財務諸表作成、監査補助業務等の卓越した専門スキル、またIT・コンピュータリテラシーが会社の成功と評価につながるような、会計士のポジションを希望)

◆有資格者の場合、相手が見てくるのは何といっても「スキルと経験」です。
多くのライバルの中でキラッと光るには、他との違いを表現することが重要です。
そのための小ワザの1つが”my exceptional expertise”(卓越した専門スキル)という表現。”exceptional” (卓越した)をつけることで、他を圧倒する技術力への自信をアピールします。
◆小ワザの2つ目は、会計人が比較的苦手にしやすい ”computer literacy”(ITやコンピュータリテラシー)の高さをアピールすることです。他の応募者が会計士のメインスキルをこぞって
アピールしてくる中、パッと目を引きます!

《今日のポイント!》
・小ワザ(1):スキルに”exceptional” (卓越した)をつける!
・小ワザ(2):会計人が比較的苦手にしやすい ”computer literacy”(ITやコンピュータリテラシー)の高さをアピールする!

(ライター:保呂田友里

 

今、あなたにおすすめ

【ビジネスですぐ使える!】「検討します」と”I’ll consider it.”は大違い-まだまだある!日本人がやってしまいがちな間違い10選《前編》
【ビジネスですぐ使える!】外国人と仕事するときの”リスク”を減らせるメールテクニック《前編》
記帳者スキル(1) 成功のコツは相手を魅惑すること?!ハードスキルの書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #4】
【ビジネスですぐ使える!】”I have to do”と”I must do”はどう違う?――助動詞のニュアンスの違いをうまく使いこなそう!《後編》
職歴(1) “影の立役者”ぶりをアピール! 前職「記帳者」の場合の職歴の書き方【スグ使える!英文履歴書の書き方 #8】
【ビジネスですぐ使える!】目上の人に使うとトンデモなく失礼な表現5選——正しいのはどっち?《後編》
【知ってたらまるでネイティブ?!】彼女が常に束縛してくるんだ。ホントに独占欲強くてさ!ってどういう?
【クイズで覚える!明日から使えるビジネス英語テクニック #8】 〜意外と知らない”間違い電話”をしてしまったときのとっさのひと言

コメントを残す